画像

写真拡大 (全2枚)

 ライブ配信アプリ「takusuta」に、配信中の自身の動画から盛り上がった部分だけを選んで60秒の動画に自動編集する、ハイライト機能が追加された。同機能で編集された動画はカメラロールに保存できるため、ソーシャルメディアなどにも拡散できる。

 サイバーエージェントの連結子会社であるタクスタのライブ配信アプリ「takusuta(タクスタ)」に、配信中の自身の動画から盛り上がった部分だけを選んで60秒の動画に自動編集する、ハイライト機能が追加された。

 同機能では、配信者がこれまで「takusuta」で行った配信動画を元に、配信者の個性や魅力を60秒の短い動画で、視聴者に表現・シェアできる。また60秒の動画は、ライブ配信に寄せられる視聴者からのコメントやエールのデータを元に、最もコミュニケーションが活発だった場面が抜き取られ生成される。

MarkeZine編集部[著]