名古屋大須にこんなオアシスがあったの? と驚きの空間セレーサ。の魅惑ポイントを踏まえまして、後半はさらなる楽しみ方をご紹介していきたいと思います!

魅惑ポイント3: 珈琲・紅茶

まずはじめに出てくるロックグラスに入ったお水は、アルカリイオン水を使用。セレーサ独自にpH値を調節して、各ドリンクへ使われているそうです。
どんなドリンクを注文しようか迷ったときには、ぜひマスターへ質問することをおすすめいたします。「お客様へオーダーメイドのドリンクを作りたい」と話すマスターは、貴女のためにとっておきの温度とブレンドをしてくれることでしょう。

レディファーストを熟知した、女を蘇らせる不思議な力を持つマスターに甘えてみてください。そして挽きたての豆の香りを楽しませてくれるのも、セレーサならではのサービスではないでしょうか?
ドリンクが出てくるまでに何度も五感で楽しませてくれるんですよね。薄いカップに当たる唇から香る風味は、今まで感じたことのないような優雅な一口。
視覚と嗅覚、そしてココロが魅惑の1杯にフィールするのをぜひ感じとってみてください。

魅惑ポイント4: マスターの人柄

そして最後にお伝えしたいのは、マスター自身について。セレーサの本当の魅力はここにあるのではないかと筆者は感じています。マスターはドリンクの繊細な味を感じとるために、朝と昼はお水以外口にしないという習慣があるそうです。みずからの体を乾ききった状態にし、お客様へ提供する味をセンシティブに感じとっているとのこと。
一見クールでダンディなマスターからは、想像もつかないストイックさに胸が苦しくなりました。

お話ししてみると、まるで薄いガラスのように繊細なココロを持っている方だなという印象なんですよね。まっすぐ透き通ったマスターの想いが、カフェセレーサを創り上げていることに気づいた瞬間でもあります。
珈琲の存在をエロティズムと表現するマスターは、セクシーな瞬間と大人のラグジュアリー空間をこれからも提供していきたいと熱く想いを語られていました。

最後に

前編・後編を通してセレーサの魅力は伝わりましたでしょうか?珈琲や紅茶を通して“お客様の脳内へ入り込みたい”という独特のマスター視点が、魅惑の4ポイントを作る引き金になっているように感じます。
ぜひ、名古屋へ訪れた際にはドアを開けてみてください!


自分自身の誕生日をきっかけに毎年お店のグレードを上げていきたい、と試行錯誤をしながら2016年7月で11年目を迎える老舗。


住所: 〒460-0011 名古屋市中区大須3-27-32
電話: 052-262-6674