画像

写真拡大

 Amazonは、クリエイターが制作した動画コンテンツをAmazonプライム・ビデオにアップロードできるAmazon Video Directプログラムを開始した。

 Amazonは5月10日(アメリカ現地時間)より、Amazon Video Direct(AVD)プログラムを開始した。同プログラムは、クリエイターが自主制作した動画コンテンツをAmazon プライム会員を含むAmazonユーザーに公開できる。

 またアップロードした映像作品はアメリカやドイツ、日本などから配信地域を選択することができ、再生された時間に応じて、ロイヤルティーを受け取ることができる。

 くわえて同社は、Amazon Video Direct Stars プログラムもスタートし、再生時間の上位100タイトルに対し、通常の収益に加え、ファンドから毎月100万ドル分のボーナスが分配される。

MarkeZine編集部[著]