ダウンサイジングとなる1.5L直噴ターボエンジンをはじめ、「わくわくゲート」と呼ぶテールゲートの横開き式サブドアの採用など、ホンダらしい独創的な装備を用意しているホンダ・ステップワゴン。

1

しかし、自販連のデータによると、最近の販売台数ではトヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクァイアに及ばず、モデル末期と思われる日産セレナといい勝負という状況。

たとえば、2015年通年ではセレナの6万1796台(前年比80.3%)、ステップワゴンは5万3699台(125.6%)、2015年4月から2016年3月まではセレナが6万0056台(前年比89.4%)、ステップワゴンが6万3645台(前年比187.5%)。

2015年4月に発売された新車効果を発揮してステップワゴンがセレナを上回っていますが、2016年4月の最新データではセレナが3411台、ステップワゴンが3214台で再び抜かれるなど、シーソーゲームを繰り返しているわけです。

5月13日から発売される一部改良後モデルは、安全、快適装備の充実(標準化)が目玉。一部改良により巻き返せるかに注目です。

今回の一部改良では、「Honda SENSING(ホンダセンシング)とナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を「B」を除く全車に標準化したのをはじめ、「リヤ右側パワースライドドア」を「B」、「G・Honda SENSING」を除く全タイプに標準装備。

また、「1列目シートi-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」を「B」を除く全タイプに標準装備するとともに、「G・EX Honda SENSING」に「リヤ右側パワースライドドア」と「LEDヘッドライト」を標準で用意。

ほかにも、ステップワゴン・スパーダに「リヤ右側パワースライドドア」と「パドルシフト」を標準装備し、「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」には「スポーツペダル(アクセルペダル&ブレーキペダル)」を標準化しています。

価格はステップワゴンが228万8000円〜304万6000円で、スパーダが284万〜318万4400円です。

(塚田勝弘)

販売台数の巻き返しなるか?ホンダ・ステップワゴンがマイナーチェンジ!(http://clicccar.com/2016/05/13/371726/)