YouTuber起用のお手本!商品特徴とYouTuberの得意技が見事にかみ合ったプロモーション動画

写真拡大

スマートフォンや携帯電話の「電池残量」は、日々のちょっとした心配の種。残りわずかの電池が気になり、慌てて早口で会話を交わした経験がある方も多いことでしょう。

そんな誰もが共感する日常シーンにフォーカスしたプロモーション動画が、今回ご紹介する「Low Battery vs Speed Rapper」です。

プロモーション商品は、1回の充電で38日間も持続することをうたい文句にしているスマートフォン、ASUS ZenFone Max。競合商品のように電池の持続時間が短いと何が起こるかをシニカルに表現するために、スピードラップで有名なYouTuber、Mac Lethalが起用されました。

とあるスーパーマーケットに入ってきたMac Lethalは、夕飯の買い物について電話で奥さんと話していますが、「もうすぐ電池が切れちゃうから!」という理由で突然、とてつもない速さで話し始めます。人間離れしたそのパフォーマンスに、英語が聞き取れなくても思わず目が釘づけに。さらにその様子を目の当たりにした周囲の人たちの驚きや迷惑そうな表情(隠しカメラで撮影)も笑いを誘います。

 

「夕飯はラザニアがいい?」「やっぱりリコッタチーズだよね」「パスタも少しどうかな」
「サラダはどうする?シーザー?ロメイン? お酒は? 僕が全部用意するよ」
などなど、ちゃんと意味の通ったラップが展開されています。

本動画はYouTubeやFacebookで配信され、わずか1週間ほどで1500万回も再生されています。否定的なコメントも見られたものの、それでも多くの人が繰り返し視聴していたようです。

Mac Lethalは撮影直前までこだわってラップを書き上げたそうです。YouTuberなどのインフルエンサーの起用は、動画プロモーションでも多く行われるようになりましたが、そのインフルエンサーの価値を最大限に引き出す、その人ならではの企画であるほど波及力が高まることは間違いなさそうです。

企業:ASUS
タイトル:Low Battery vs Speed Rapper #NoNeedToRush