12日、中国のインターネット上で、日本の旅行会社の奇抜なキャンペーンが伝えられた。写真は成田空港。

写真拡大

2016年5月12日、中国のインターネット上で、日本の旅行会社の奇抜なキャンペーンが伝えられた。

日本の旅行大手のHISは11日、東大美女が飛行機の隣の席に座り、現地まで楽しくフライトしてくれるキャンペーンを打ち出し、物議を醸した。このキャンペーンは、「東大美女図鑑」に登場する女性5人が隣の席に座り、行き先の街の成り立ちを教えてくれたり、宿題を教えてくれたり、お笑いや雑学について語ってくれるオプションが当たる、というものだ。

しかし、発表と同時にネットなどで「低俗」との批判が集まった。同社は即日中止を決め、ウェブサイトに「不快な思いを感じさせる企画内容で、深くお詫びします」などとする謝罪文を掲載した。

これまでにも日本の“自由な発想”が中国で話題になってきたが、この情報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で流れると、ネットユーザーからは「はは。さすがは変態の国」「批判されて当然」「日本って本当にエロい国」「ちょっとやり過ぎだな」「日本って本当にストレスが大きい国なんだな」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)