この夏はトイレにおこもり。なぜならそこには爆音があるから

写真拡大

夏ってなぜか開放的な気分になって、爆音にまみれたくなる。

でも、フェスやクラブに出かけるのは、暑いし、人が多いし、ちょっと面倒くさい...。

そんなとき、ひとりっきりの空間でパーッとはじけられる方法を、『ギズモード・ジャパン』を見ていたら思いつきました。

それは、トイレでのおこもりひとりフェス!

ソニーのLED電球スピーカー「LSPX-103E26」でなら、家をフェス会場に変身させることができるんです。

やり方は簡単で、LED電球スピーカーを家の電球に取り付けて、Bluetoothで連携したスマートフォンと専用アプリで音楽を再生するだけ。これだけでさまざまな色の光と、音楽の両方を同時に楽しむことができます。

昨年にも同モデルが発表された「LSPX-103E26」ですが、今回は新モデルとなってさらにパワーアップ。

192色のカラー点灯機能や2台のスピーカーによるステレオ再生、ダブル再生が追加されているんです。カラフルな光を浴びながら、高音質な音楽を聴く...まさにフェスと同じ!

20160512_led01.jpg

電球につけるだけでいいので、トイレ以外にもキッチンや寝室など、どこでも好きにフェス会場にすることができます。

この夏はトイレでのひとりフェスで、おこもりを極めたい!

[ソニー,ギズモード・ジャパン]

文/グリッティ編集部