11日、タレントでチェリストのNanaが日本で情報番組に出演した際、体調不良のためCM中に嘔吐していたことが明らかになった。

写真拡大

2016年5月11日、タレントでチェリストのNana(ナナ/欧陽娜娜)が日本で情報番組に出演した際、体調不良のためCM中に嘔吐(おうと)していたことが明らかになった。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

著名歌手の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)を伯母に持つNanaは、今年日本デビューを果たし、デビューアルバム「15」をリリース。先月末に日本で情報番組に生出演し、伯母の名曲の一つ「ラヴ・イズ・オーヴァー」を披露したが、CM中に嘔吐していたことが明らかになった。

台湾の週刊誌によると、番組に出演したこの日、 Nanaはウイルス性胃腸炎のため体調不良だった。番組がCMに入った時、こらえきれずスタッフの手の中に嘔吐し、「日本人を驚かせた」という。

週刊誌では日本在住の台湾人のコメントを紹介。衛生面を非常に重視する日本人にとって「こういった事態は絶対に許されない」だけでなく、厚生省から厳しく指導されるほどの問題だと指摘している。

台湾の掲示板サイトでは、「海外で恥をさらした」「台湾人は衛生観念が無いと日本人に誤解される」などと、Nanaに対する批判の声も多く聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)