11日、駐韓米軍がソウル市内の米軍基地内でジカウイルスに関する実験を進めていると韓国・JTBCテレビが報じ、問題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年5月11日、駐韓米軍がソウル市内の米軍基地内でジカウイルスに関する実験を進めていると韓国・JTBCテレビが報じ、問題となっている。

先月中旬、米国陸軍傘下の「エッジウッド生化学センター」の公式サイトに、ソウル中心部に近い龍山基地でジカウイルス関連研究に取り組む研究責任者のインタビューが掲載された。同センターは、生物兵器戦に備えた駐韓米軍の「ジュピター・プログラム」の主管箇所で、生物兵器に使われる炭疽菌に関する実験も取り仕切っているとされる。

これについて韓国の専門家は、「ジカウイルスはまだ明かされていない部分が多いウイルス。それを公然と外国の首都のど真ん中で実験するということ自体、傍若無人なやり方だ」と強く批判している。

JTBCは同センターと駐韓米軍にコメントを求めているが、回答は得られていないという。また12日、韓国国防部は「米国から韓国にいかなる(ウイルスの)サンプルも搬入されていない」とし報道の内容を否定した。

一方、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「これが同盟国のやることか?まるで植民地だ」
「この国は完全に地獄だ。国防部も国家情報院も、そして政府も、給料分の仕事をしてくれ」
「狂ってる…。やるならニューヨークでやれ」
「日本でできないからって…」

「この国は大統領がいないも同じ。ここまで勝手にやり放題だなんて、どれだけなめられてるんだろう」
「トランプよ、早く駐韓米軍を引き取ってくれ」
「米国の傍若無人も相変わらず、後進韓国の無策も相変わらず」

「青瓦台(韓国大統領府)でやってよ」
「これは大問題。他国の首都でよく分からないウイルスの実験をするなんて」
「自主国防こそが生きる道だ」
「これが事実だとしたら、韓国国民が北朝鮮ではなく韓国政府にやられるのと同じことだ」(翻訳・編集/吉金)