5月11日、新宿バルト9にて映画『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』舞台挨拶が行われ、出演する玉木宏さん、広瀬アリスさん、石田ひかりさん、小倉久寛さん、吉田栄作さん、和泉聖治監督が登壇しました。


『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』は、ミステリーの巨匠・島田荘司氏が描く“御手洗潔シリーズ”初の映画化になります。

主演の玉木さんは、天才脳科学者でありながら探偵を趣味に持つ、クールで冷静沈着なキャラクター・御手洗潔を演じました。


原作者の島田先生がもともと映像化を拒んでいたそうですが、「玉木さんなら」ということでついに決まった映画化。

想いのたけを玉木さんに尋ねると、「本当に原作ファンが多い作品だと知っていましたし、僕で大丈夫かなという思いはあったんですけど、生みの親の先生に喜んでもらえるなら一番いいんじゃないかと思ってやらせていただきました」と、自信をにじませました。


一方、御手洗と一緒に謎解きに乗り出す、映画オリジナルのキャラクターである編集者を演じた広瀬さんは、「キャラクターと私の違うところは……なかったです。私、よくしゃべりますし(笑)」と、クールビューティな見た目からは想像しがたい朗らかな感じで語ります。


すると、玉木さんも同意し、「本当によくしゃべる方なんですけど(笑)、やるときはやる、芯のある人です。女性的な容姿はもちろんされていますけど、中身はすごく体育会系で、すごく自分の役を全うしようとしているのが気持ちよかったですね」と、べた褒め。

広瀬さんはそんな玉木さんを目を丸くして見つめ「こんなこと言われたの初めて(笑)」とはしゃぎます。


また、玉木さんとは4度目の共演となる吉田さん。

玉木さんの印象について、「IQ300もある天才の役なんですけど、でも恰好は昔の俺みたい(笑)っていう感じで恰好いいんですよ。昔は……俺も恰好よかった」と、まさかの自虐ネタで観客を湧かせました。


そんな吉田さんを隣で温かく見ていた小倉さんは「今でも恰好いいよ」と言い、玉木さんも「全然お変わりないですよね」と褒め、吉田さんもまんざらでもない笑みを浮かべていました。


『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』は6月4日全国公開です。

【関連記事】

※ 生田斗真、脳内を見たい相手は岡田将生&松坂桃李をスルーで女優を指名

※ 二階堂ふみも絶賛のイケメン・吉沢亮、高校時代を明かす「完全にカーストの下だった」

※ 森田剛「共演は誰でもよかった」と主演作を語り、ムロツヨシが悲痛の笑み

※ 三代目JSB・岩田剛典が理想のタイプを告白!「味噌汁系女子がいい」

※ 山本美月、キュンキュンエピソードを披露「頭ポンポンとか、好きです」