写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「超アイドルマスターJAPAN」1日目レポート
4月29・30日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2016」の超アニメエリアにて、『アイドルマスター』、『アイドルマスター シンデレラガールズ』、『アイドルマスター ミリオンライブ!』、『アイドルマスター SideM』のステージイベント「超アイドルマスターJAPAN」が行われ、総勢20名のキャストが登壇した。今回はそれぞれのタイトル内に加え、さらにタイトルの垣根も超えた“アイマスチーム”としての「繋がり」が垣間見えた全7ステージの模様を紹介する。

○「THREE STARS!!!」の3人が語る『アイドルマスター』10周年ライブの思い出

「超アイドルマスターJAPAN」では、タイトルごと・複数タイトル合同のステージが2日間で合計7つ行われた。まず、最初に行われたのは、『アイドルマスター』、『シンデレラガールズ』、『ミリオンライブ!』の3タイトル合同ユニット・THREE STARS!!!による「THREE STARS!!!ステージ〜描いてみた〜」ステージ。『アイドルマスター』双海亜美・双海真美役の下田麻美、『シンデレラガールズ』城ヶ崎莉嘉役の山本希望、『ミリオンライブ!』伊吹翼役のMachicoが登壇した。

本ステージ一つ目に行われたのは、ニコニコ静画にて、2016年3月24日〜4月24日まで募集していた「アイドルマスター超イラストコンテスト」の優秀作品の発表を行う「イラストを選んでみた」のコーナー。各タイトルごとの賞やバンナム賞、ドワンゴ賞が紹介されるなか、登壇者3人が選ぶ「THREE STARS!!!」賞には、アーケード版のグラフィックタッチで、登壇者3人が演じる亜美、莉嘉、翼を描いた作品が選ばれた。

二つ目に行われたのは、2015年7月18・19日に西武ドームで行われた『アイドルマスター』10周年記念ライブ「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」の思い出を3人がそれぞれ絵で描く「イラスト描いてみた」のコーナー。誰が一番同ライブのBlu-rayを購入したくなるイラストだったかをニコニコ動画のアンケートを使って決めた。

アンケートで最も票を集めたのは、『シンデレラガールズ』で城ヶ崎美嘉役を務める佳村はるかに、リハーサルの合間に、セミを拾って見せびらかしたという山本のイラスト。『シンデレラガールズ』で姉妹役としても共演し、普段からも佳村のことを「お姉ちゃん」と呼ぶ山本のイラストは、共演声優による絆、プライベートでも親交があるという話がしばしば出る『アイドルマスター』ならではのエピソードを描いたものだったように思えた。

○「超音楽祭」に出演する同じプロダクション所属のアイドルを応援

THREE STARS!!!のステージに続いては、『SideM』のステージイベント「SideMライブビューイングステージ〜応援してみた〜」が行われ、同作品内に登場するユニット「Beit」の渡辺みのり役・高塚智人、「High×Joker」の冬美旬役・永塚拓馬、 「彩」の華村翔真役・バレッタ裕が登場した。

本イベントは、同時刻に別会場で開催されていた「ニコニコ超音楽祭」に出演する『SideM』のユニット「DRAMATIC STARS」(天道輝役の仲村宗悟、桜庭薫役の内田雄馬、柏木翼役の八代拓)、「S.E.M」(硲道夫役の伊東健人、舞田類役の榎木淳弥、山下次郎役の中島ヨシキ)のステージを、登壇者3人とプロデューサー(観客)が応援するというもの。同作品で、「超音楽祭」に出演した2ユニットと同じく「315プロダクション」に所属するステージ上の3人とプロデューサーが、仲間の活躍をペンライトを振りながら応援した。

「超音楽祭」の『SideM』ステージも進んでいき、いよいよラスト1曲となる。締めとなったのは、同作のテーマ曲「DRIVE A LIVE」。その時、「超アイドルマスターJAPAN」で応援をしていた永塚が突然、「僕たちも歌っていいですか?」とつぶやくと、会場からも期待を込めた声援が送られ、高塚、永塚、バレッタの3人が中継の映像とあわせて、「DRIVE A LIVE」を披露することに。高塚とバレッタの慌てた様子から、当初予定されていなかったようだったが、同じ事務所に所属するアイドル、そして、これからも歌い続けるであろうテーマ曲を一緒に歌ったことは、「超アイドルマスターJAPAN」に来場した人へのサービスというだけでなく、「315プロダクション」に所属するアイドルたちの繋がりをうかがえるシーンでもあった。

○「アイドルマスター」の歴史を紡いできた長谷川、若林、仁後が約2年ぶりに登場

3ステージ目は、2016年7月28日に発売予定のゲーム『アイドルマスター プラチナスターズ』を紹介するステージ「プラチナスターズステージ〜紹介してみた」が行われ、「THREE STARS!!!ステージ〜描いてみた〜」にも登場した下田と、星井美希役の長谷川明子、高槻やよい役の仁後真耶子、秋月律子役の若林直美が登壇した。

ステージは、『アイドルマスター』の舞台登場は2年ぶりとなる長谷川、仁後、2年半ぶりとなる若林を迎える「おかえり」コールで幕をあける。下田の音頭で会場・ニコ生の来場者全員が「おかえり」とコールすると、3人は各々に「ただいま」と応える。その直後に行ったそれぞれのキャラクターとしてのあいさつで、若林が言った「これから」「またよろしくお願いします」という言葉には、「アイドルマスターの舞台に戻ってきた」といった、万感の思いが込められていたかのようにも感じた。

あいさつの後は、久しぶりの登場となった3人の近況を報告する「近況報告してみた」が行われた。仁後が約8カ月ぶりにダンスレッスンに行き、軽いジャンプをした時に「重力はこんなに重かったんだ」と実感したというエピソードを披露し、続く長谷川は、4月30日に開催の「MONACAフェス2016」の練習をしていることを報告。

その後、下田が先日ハワイへ行き、5月には長谷川とカナダへ行くため英語を勉強中という近況を話すと、若林がすかさず「英語を聞きたい」と発言。まだ4回しか通っていないと、披露するのをためらっていた下田だったが、スラスラと自己紹介をし、会場からも歓声が上がっていた。そして、今度は下田が若林に「何かやってよ」と自他ともに認める雑なフリをすると、若林演じる律子の代表曲でもある「いっぱいいっぱい」をワンフレーズだけやろうかと提案。スタッフからのOKも出て、サビ前から歌い始めると、会場に駆け付けたプロデューサーは「待ってました」と言わんばかりにコール(応援)を会場中に響かせた。

興奮冷めやらぬ中、続いては「プラチナスターズ紹介してみた」のコーナーが行われた。ここで、アイドルマスター総合プロデューサーの坂上陽三氏、『プラチナスターズ』の久夛良木勇人プロデューサーが登場し、『プラチナスターズ』のゲーム概要を紹介した。そして、ひと通り紹介した後には、下田がゲームのメインとも呼べる、ライブを体験プレイ。今回の体験では、仁後が演じるやよいの楽曲「キラメキラリ」をプレイし、先ほど「いっぱいいっぱい」で盛り上がったばかりの会場が再びヒートアップ。ゲームも非常になめらかな動きで、かつキャラクターごとにサイリウムの色が変わるなどのこだわりが細部まで見えた。

その後も、5月、6月、7月とPS4所有者向けにオリジナルテーマ(壁紙やシステムアイコンなどのセット)が無料配信されることなどが発表されたり、新CDシリーズ『THE IDOLM@STER PLATINUM M@STER』の発売が発表されたりと内容盛りだくさん、終始熱気に包まれたステージとなった。

○これからも紡がれていく絆

29日のステージ最後を飾ったのは『SideM』のゲーム紹介を行う「SideMステージ〜絆をたしかめてみた〜」。「SideMライブビューイングステージ〜応援してみた〜」の登壇者である高塚、永塚、バレッタに、「超音楽祭」出演者の仲村、内田、八代を加えた計6人がステージに登壇した。

まず最初に行われたのは、先ほど終えたばかりの「超音楽祭」について振り返る「超音楽祭振り返ってみた」のコーナー。仲村、内田、八代は自分たちの話はそこそこに、中島が緊張していながらもステージに立つとスイッチが入ったこと、榎木が前日に曲の復習に余念がなかったこと、伊東と一緒に風呂に入ったエピソードなど、同じく「超音楽祭」に出演しながらも本ステージには立っていない「S.E.M」についての感想や思い出を話し、同じ舞台に立っていた仲間に対して、敬意を表しているかのようにも感じた。また、「DRAMATIC STARS」、「S.E.M」の舞台を初めて見たというバレッタは、率直に「かっこよかった」とコメントし、アイドルとして舞台に立ち、輝く先輩たちに対して尊敬の念を表していた。

続いて行われたのは「街角スカウトしてみた」のコーナー。本コーナーは、『SideM』のゲーム内でアイドルをスカウトする(アイドルのカードを手に入れる)手段のひとつ「街角スカウト」を登壇者のうち1人がスカウトされる側(アイドル)、2人がスカウトする側となり実践し、スカウトされる側が、どちらのスカウトを選ぶのかをニコ生のアンケートを使い予想するというもの。2回行われ、まずはアイドル側として輝役の仲村が、スカウトする側として内田とバレッタが実践した。内田は「力が欲しいか」と、中二病な言葉でスカウトし、対するバレッタは、「助けてください」「うちの事務所、所属している人が少なくてあなたが必要なんです」と困った人に扮してスカウトする。結果、ニコ生のアンケートでは内田に票が集まるも、仲村が選んだのはバレッタのスカウト。その理由としては「(正義感が強い)輝の心をくすぐっている」と答え、他の登壇者・会場から「確かに」という声があがった。

2回目は、アイドル側をみのり役の高塚、スカウトする側を八代と永塚が担当。八代は「きゃわいいねー」を連呼する、軟派なキャラクターでスカウトし、対する永塚は、元々は花屋の店長で、さらにアイドルオタクというみのりの個性から「(アイドルを応援・見ることで)あなたに届いた花の種、ステージという上でサイリウムという花に変えてみませんか?」と見事な言葉でスカウトをした。結果は、ニコニコ動画のアンケート・高塚が選んだのも永塚のスカウトで、本コーナー有終の美を飾った。

「街角スカウトしてみた」の後には、「プロデューサーさんのスカウトを見てみた」のコーナーが行われた。本コーナーは、会場にいるプロデューサーたちなら、輝とみのりをスカウトするにはどうするかを、「超アイドルマスターJAPAN」ブース入口付近に設置された輝とみのりのパネルに書いてもらう(ポストイットに書いたものを張り付けてもらう)というもので、ステージでは数ある優秀な回答のなかから、キャスト陣が選んだものが発表された。回答には、「一番星になって一緒に輝こうぜ」や「新しいステージで君という花を咲かせてみないか?」といった、輝とみのりそれぞれの個性を見事に捉えたものなどがあり、プロデューサーの『SideM』に対する想いを感じられるコーナーとなった。

そして、ステージの最後には、『SideM』2周年を記念し発売する、ユニットを越えたシングルCDシリーズについて、ユニットの組み合わせと発売日の発表が行われた。シリーズ第1弾は「DRAMATIC STARS」と「High×Joker」の組み合わせで7月13日発売、第2弾は「Beit」と「S.E.M」の組み合わせで8月31日発売、第3弾は「Jupiter」と「W」で10月5日に発売となる。

コーナー・新発表もすべて終わり、ステージを降りるとき、ふと仲村が「奥のほうまで見えているからね」という言葉を放ち、懸命にプロデューサーに手を振っていた。『アイドルマスター』では、天海春香役の中村繪里子が「後ろの席まで見えているからね」とライブでは恒例とも呼べるあいさつをするほか、『ミリオンライブ!』の楽曲「Thank You!」には「後ろまでもちゃんと見えているからね」という歌詞がある。仲村自身、意識していたわけではなかったかもしれないが、意図的にしろ、自然にしろ、同じような意味合いの言葉が出てきたことに、『アイドルマスター』というコンテンツが脈々と繋がってきている、と感じさせられたシーンだった。

●「超アイドルマスターJAPAN」2日目レポート
○『シンデレラ』たちの物語は新たな舞台へ

「超アイドルマスターJAPAN」30日は『シンデレラガールズ』のステージイベント「シンデレラガールズステージ〜リズムにノッてみた〜」からスタート。登壇者は、島村卯月役の大橋彩香、渋谷凛役の福原綾香、諸星きらり役の松嵜麗、緒方智絵里役の大空直美。

ステージは、2015年9月から配信されているスマホゲームアプリ『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』をチームに分かれてプレイし対決するという、「デレステ極めてみた」からスタート。大橋・福原、松嵜・大空のチームに分かれ、それぞれの合計点を競い合った。トップバッターの福原は、自身が演じる凛のソロ曲「Never say never」を選択。以前に松嵜とプレイしたときは『スターライトステージ』で一番難易度の低い「DEBUT」しかクリアできなかったという福原だったが、今回は二番目に難易度の高い「PRO」をプレイし、見事にクリアした。

続く松嵜は『シンデレラガールズ』に登場するユニット・凸レーションに所属する城ヶ崎莉嘉の「DOKIDOKIリズム」を、大橋は『スターライトステージ』のオリジナル楽曲で、5月18日にCDが発売する「Tulip」をプレイし、それぞれ「PRO」の難易度をクリアした。最後にプレイした、『スターライトステージ』の腕前に定評がある大空は、声優の高森奈津美が演じる前川みくの楽曲「おねだりShall We〜?」を通常では最難易度となる「MASTER」でプレイ。さすがの腕前を披露してクリアし、会場から歓声が沸き上がるも、最終合計点では大橋・福原チームが勝利。大橋・福原チームは景品として、「iTunes Card」を獲得した。

その後、2016年4月に開校したばかりで、ネット学習による映像授業・レポートが主な学習方法の高等学校・N高で結成されたN高バンドによる「演奏聞いてみた」という、「ニコニコ超会議」ならではのコーナーが行われた。演奏は、『アイドルマスター』のBGM「TOWN」から始まり、ボーカロイド曲の「1925」と「世田谷ナイトサファリ」、そして『シンデレラガールズ』テーマ曲『お願い! シンデレラ」の計4曲を披露した。演奏後、大空は「はじめて『お願い! シンデレラ』をサイリウム振る側になって聞けたのが楽しかった」と、演者ならではのコメントを残した。

ステージの終盤には、N高バンドによるファンファーレにのせて、多くのプロデューサーが待ちのぞんでいたであろう4thライブ開催についての発表があり、会場のプロデューサーからは、割れんばかりの歓声があがった。

なお、『シンデレラガールズ』4thライブは、2016年9月3・4日に神戸ワールド記念ホール、10月15・16日にさいたまスーパーアリーナで開催されることが決定しており、詳細は追って発表があるとのこと。

○『ミリオンライブ!』的レポートの数々

『シンデレラガールズ』ステージの次には、『ミリオンライブ!』のステージイベント「ミリオンライブ!ステージ〜レポートしてみた〜」が行われた。登壇者は春日未来役の山崎はるか、最上静香役の田所あずさ、29日の「THREE STARS!!!ステージ〜描いてみた〜」にも登壇したMachicoと、所恵美役の藤井ゆきよ。

本ステージは、登壇者がさまざまなレポートをするというもので、まずは「超ドローンブースレポートしてみた」コーナーからスタート。登壇者として名前があったにも関わらずステージに姿の見えなかった藤井が、ドローンにまつわるすべての業務を行う「ドローンゲームス」代表取締役の黒田潤一氏、ドローン芸人の谷+1とともに、ドローンを使ったクレーンゲームを体験できる「超ドローンブース」からレポートを行った。藤井はクレーンゲームで、5分の制限時間内に『アイドルマスター』グッズを手に入れる「ドローンクレーンゲームでアイマスグッズをゲットしてみた」という、読んで字のごとくな企画に挑戦。初めてということもあってか、なかなか思ったように操作できず苦戦するも、最後は黒田氏や谷の協力もあって、藤井自らの操作で景品を手に入れることができた。なお、獲得した景品は『ミリオンライブ!』関連ではなく、『シンデレラガールズ』のキャラクター・新田美波のグッズであった。

続いて行われたのは、「初日レポートしてみた」のコーナー。「THREE STARS!!!ステージ〜描いてみた〜」でも紹介したイラストをレポートするコーナーで、「ミリオンライブ!賞」に輝いた作品のなかで、春日未来が3周年を記念して指で「3」を表現していることなどに触れた。また、「SideM賞」に輝いたイラストでは田所が、昨年の「ニコニコ超会議」でも同じ企画があったが、『SideM』のイラストは発表していなかったので新鮮でうれしい!と、輪が広がっていく『アイドルマスター』について感慨深そうにコメントした。イラストに続き、Machicoが初日のステージ終了後に「ニコニコ超会議」を回ったことについての感想もレポート。コスプレイヤーの方々と撮影した写真、「武器を持ってみた」ブースの写真などと合わせて感想を述べた。

「初日レポートしてみた」のコーナー終了と同時に、藤井が中継先からステージへと戻ってきて合流。そのまま「食レポしてみた」のコーナーへと移行した。本コーナーは超アニメエリア『だがしかし』ブースで行われている、「人間UFOキャッチャー」でゲットできる「うまい棒」の食レポをするというもので、山崎・藤井の「ゆきぴょんチーム」と、田所・Machicoの「ホリプロチーム」に分かれ、先ほどゲットした新田美波のグッズをかけて勝負した。

食レポでは、「ゆきぴょんチーム」が数あるうまい棒のなかから、1本20円という通常のうまい棒より2倍の値段がするリッチな「プレミアムうまい棒 モッツァレラ&カマンベールチーズ味」と、「めんたい味」をチョイス。ここで藤井が、食レポなら「ごはんが欲しくなる」と言っておけば大丈夫というコメントを残し、会場の笑いを誘った。続く「ホリプロチーム」は、「牛タン塩味」となぜか藤井が食べていた「めんたい味」の食レポを行ったが、4人が入り乱れてさまざまなうまい棒を食べさせ合う自由な場となってしまい、ニコニコ動画のアンケートで「ゆきぴょんチーム」に多くの票が集まるという結果となった。

先日、『ミリオンライブ!』3rdライブツアー「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!」が終了したばかりの『ミリオンライブ!』チーム。ステージは終始、3rdライブを通じてさらに絆が深まった登壇者たちの仲睦まじい姿が映し出されたステージとなった。

○『デレラジ』『ミリラジ』が夢の共演

「超アイドルマスターJAPAN」ラストを飾ったのは、『シンデレラガールズ』の魅力を伝えるラジオ『デレラジ☆(スター)』と『ミリオンライブ!』に関するさまざまな情報を発信する『THE IDOLM@STER MillionRADIO』の合同ステージ「デレラジ&ミリラジ〜赤青で混ぜてみた〜」。それぞれのラジオでパーソナリティーを務める大橋と福原、山崎と田所の計4人が登壇した。

まず最初に行われたのは「デレラジ&ミリラジそれぞれの話を聞いてみた」のコーナー。本コーナーは交流がありそうであまりなかった『デレラジ』と『ミリラジ』お互いの印象について話すというもの。コーナー冒頭では、お互いを「シンデレラさん」「ミリオンライブ!さん」と呼ぶなど、距離がある様子。距離を縮めるため、「デレさん」「ミリちゃん」と呼び合うことに決めた後に、早速、福原から『ミリラジ』に質問が。内容は、『シンデレラガールズ』関連の別ラジオ『CINDERELLA PARTY!』では、ペペロンチーノなどを収録で食べるため、同じブースで収録している『ミリラジ』に、その残り香はないのかというもの。『ミリラジ』の2人はすかさず「残っています!」と答えるも、いつも何かしらお菓子などのお土産を置いていってくれるというエピソードも披露した。

続いては「10thライブの思い出」というトークテーマから、登壇者4人も出演した「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」の思い出を話し合った。福原と田所が、福原演じる凛のソロ曲「Never say never」を一緒に歌った時、お互いがそれぞれのキャラクターを感じながら歌ったという話になると、田所が、次は自身が演じる静香のソロ曲「Precious Grain」を一緒に歌いたいと発言。山崎と大橋も、10thライブでは未来のソロ曲「素敵なキセキ」を披露したが、今度は卯月のソロ曲「S(mile)ING!」を歌いたいと、次に合同ライブがあったときへの期待を口にしていた。

次に行われたのは、『デレラジ』と『ミリラジ』にちなんだゲームを行う「『デレラジ』&『ミリラジ』赤青で対決してみた」のコーナー。大橋・山崎の赤チーム、福原・田所の青チームに分かれて対決し、勝利チームには豪華景品がもらえるとのことで、両チームともはりきってゲームに参加した。最初の対決は、プロデューサーから送られたレッスンをこなしレベルアップしていくという、『デレラジ』名物「マジカルレッスン対決」。

今回のレッスンは、ニコ生のアンケートで回答がちょうど半分に分かれそうな質問をする「50/50(フィフティーフィフティー)レッスン」というもので、まずは赤チームが「アイドルを抱きしめるならライブ前かライブ後か」と質問。ニコ生では「どっちもだよ」というコメントも寄せられていたが、ライブ前が25.7%、ライブ後が74.3%と50/50には遠い結果となった。続く青チームは「あなたは水になりました。アイドルに飲んでもらうならライブ前? ライブ後?」と質問。赤チームふたりから「どういうことなの?」「青チーム大丈夫ですか?」とツッコミを受けながらも、結果はライブ前46%、ライブ後54%と絶妙な数字をたたき出し、勝利を収めた。

続いての対決は、『ミリラジ』名物「キャット&チョコレート対決」。このゲームは、プレーヤーが引いたカードに書かれた問題について、所持するアイテムカード3枚の中から、問題カードに書かれた指定枚数のアイテムカードを使ってアドリブエピソードを作り、解決するというもの。今回は『アイドルマスター』にちなんだ問題が複数用意された。

両チームとも、引いた問題に対して、所持するアイテムカードを使ったアドリブエピソードをいくつか披露したが、なかでも圧巻だったのは、青チームが回答した「ライブの当日、衣装が1着もない」という問題。1枚のアイテムカードを使い解決するというお題だったが、「着物」のカードを所持していた青チームは、「着物を着用して出演する」という運も味方につけた完璧な回答を披露。ニコ生のアンケートでも圧倒的な支持を集め、景品の「紫芋タルト」と「紫芋カントリーマアム」を手にした。

本ステージが「超アイドルマスターJAPAN」2日間の最後ということで、登壇者4人が「ありがとうございました」とあいさつした後、本イベントではお決まりとなった「JAPAN」の掛け声を会場・ニコ生視聴者全員で叫び、イベントは幕を閉じた。

○『アイドルマスター』としての繋がり

なお、『アイドルマスター』『シンデレラガールズ』『ミリオンライブ!』『SideM』という、『アイドルマスター』コンテンツとしての団結力を強めるために、「超アイドルマスターJAPAN」では2つの連動企画が行われた。

一つはチーム対抗アイマス選手権、もう一つは登壇キャスト20名によるバックボードへのサイン。前者は、「超お絵かきチャレンジ だいたい合っている」で使用しているニコニコ静画へ投稿されたイラストの検索機能を使い、福笑いにチャレンジするという企画。「765チーム」「SideMチーム」「シンデレラガールズチーム」「ミリオンライブ!チーム」に分かれて対決した本企画は、「765チーム」が14秒、「SideMチーム」が1分50秒(失格)、「シンデレラガールズチーム」が28秒、「ミリオンライブ!チーム」が2分43秒という結果に。貫禄を見せつけ勝利した「765プロチーム」には、「ニコニコ超会議2016」の目玉企画「超歌舞伎」にちなんだ「歌舞伎セット」が贈呈された。

そして、後者のサイン企画は、登壇したキャスト20名全員が、ステージの背面ボードにそれぞれサインしていくというもの。所属事務所や経験年数が違えども、『アイドルマスター』という名前が付くタイトルで活躍するアイドルたちが、何も書かれていなかったボードをサインで埋め尽くした。「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!」で作品の垣根を越え、ライブで共演してきた『アイドルマスター』というコンテンツは、これからさらなる繋がりをみせる――そんな期待が持てた2日間となった。

(加藤大樹)