11日、中国政府は近く不動産関連の新政策を打ち出し、仲介業者を全面的に整理する見通しだ。

写真拡大

2016年5月11日、新華網によると、中国政府は近く不動産関連の新政策を打ち出し、仲介業者を全面的に整理する見通しだ。過去最大の業界再編になる。

中国の不動産仲介市場は現在、業者が乱立し無法地帯と化している。顧客が物件を見ようとすると、業者が「今その物件は売れたばかり。同じタイプの別の部屋を見せましょう」と強要したり、ありもしない物件をあるように見せかけ、顧客を引き寄せようとしたりする。一つの物件に複数の業者が群がり、別々の価格で売り出すこともある。

これに対し、中国当局は3月、不動産仲介業者を全面的に整理し、過去最大の業界再編に踏み切る方針を示した。売り手と仲介業者が共通価格を認識することや、内装や設備、管理費などの情報を透明化する計画だ。業界関係者は「これまでで最も厳しい業界再編策になるだろう」と指摘。「正確な不動産情報の確定は顧客にとって重要だが、実行には一定の難しさもある」と話している。(翻訳・編集/大宮)