写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は12日、ミニバン「ステップ ワゴン」「ステップ ワゴン スパーダ」に安全運転支援システムやナビ装着用スペシャルパッケージ、ETC車載器などを標準装備しながら手頃な価格としたグレードを設定するなど一部改良を実施し、13日に発売すると発表した。

今回の改良では、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」とナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を「B」を除く全タイプに標準装備。
「リア右側パワースライドドア」を「B」「G・Honda SENSING」を除く全タイプに、
「1列目シートi-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」を「B」を除く全タイプに標準装備した。「G・EX Honda SENSING」には「リア右側パワースライドドア」「LEDヘッドライト」を標準装備している。

「ステップ ワゴン スパーダ」では、「リア右側パワースライドドア」「パドルシフト」を標準装備するとともに、「スパーダ・Cool Spirit Honda SENSING」に「スポーツペダル(アクセルペダル&ブレーキペダル)」を標準装備した。価格は「ステップ ワゴン」が228万8,000円〜304万6,000円、「ステップ ワゴン スパーダ」が284万円〜318万4,400円(税込)。

(木下健児)