写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は12日、ハイブリッドカー「アクア」の国内販売累計100万台達成を記念し、人気の「S」グレードに特別仕様車「S "Style Black"」を設定して発売した。

「アクア」はJC08モード走行燃費37.0km/リットルの低燃費やコンパクトで使いやすいパッケージング、手頃な価格などが特徴のコンパクト・ハイブリッドカー。2011年12月の発売以来、国内新車販売台数4年度連続トップとなり、2016年2月末にはトヨタ自動車として史上最速の4年3カ月で国内販売累計100万台を達成した。

今回、100万台達成を記念して設定された特別仕様車は、人気の「S」グレードをベースに、外板色に特別設定色「ダークブルーマイカ」を含む全5色を設定。外観はアウトサイドドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ加飾を施し、大人っぽいおしゃれさを表現した。

内装においては、運転席アームレストを追加し、インストルメントパネル助手席オーナメントに合皮を採用。パワーウィンドゥスイッチベースにピアノブラック加飾も追加し、特別設定色「ブラック」とのコーディネートによって上品さを追求した。「スマートエントリーパッケージ」と「Toyota Safety Sense C」を特別装備した。「アクア」特別仕様車「S "Style Black"」の価格は199万6,037円(税込)。

(木下健児)