『日本で一番悪い奴ら』 ©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

写真拡大

白石和彌監督の映画『日本で一番悪い奴ら』の場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(7枚)】

公開されたのは、綾野剛演じる北海道警察の刑事・諸星と、彼の違法捜査に協力する裏社会のスパイ「S」らの姿を捉えた劇中写真。配属されたばかりの諸星の警官服姿や、ピエール瀧演じる先輩刑事・村井が諸星に一流刑事になるための鉄則を囁くシーン、中村獅童演じるSの一員で暴力団幹部の黒岩たちが諸星と共に拳銃を手にしている場面など、裏社会に足を踏み入れた諸星の変化が垣間見える内容になっている。

6月25日から全国公開される『日本で一番悪い奴ら』は、北海道警察による数々の違法捜査が明るみに出た「稲葉事件」をモチーフにした作品。うだつの上がらない日々を過ごしていた刑事の諸星が、先輩からのアドバイスに従って、正義であると信じながら様々な違法捜査に手を染めていく様が描かれる。綾野は実在の刑事をモデルにした諸星の26年間を演じている。