写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クラウディアンは5月12日、ベリタステクノロジーズのエンタープライズクラスのデータ保護ソリューションである「Veritas NetBackup7.7」と、Amazon S3 API完全準拠のスケールアウト型オブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」の接続性を認定したと発表した。

Veritas NetBackup7.7より実装されたAmazon S3互換クラウドコネクタは、「CLOUDIAN HyperStore」のようなAmazon S3 互換クラウドストレージターゲットのバックアップおよびリストア時間を大幅に改善できるように最適化されている。ベリタステクノロジーズ日本法人では、両製品の連携による「単一管理コンソールによる操作性」「障害発生時の継続運用性」「バックアップの高速性」を中心に検証し、いずれも良好な結果を得ることができたという。

一般的にオブジェクトストレージは、ブロックストレージよりもデータの読み書き速度が遅いとされているが、最適チューニングを施したうえで「Veritas NetBackup7.7」と「CLOUDIAN HyperStore」の両製品を連携させると、ブロックストレージと遜色のない高いバックアップ性能を確認できたとしている。

「Veritas NetBackup7.7」のバックアップ・リカバリデータを格納するストレージとして「CLOUDIAN HyperStore」を活用することには次のメリットがあるという。

「CLOUDIAN HyperStore」は、多数の汎用サーバの内蔵ディスクにデータを分散格納するソフトウェア・デファインド(Software Defined)のスケールアウト型オブジェクトストレージ。スモールスタートし、データの増加とともに汎用サーバを追加するだけで、ディスク装置増設、LUN拡張、OSボリューム拡張、ディスクプールの設定などの煩雑な運用が不要で「Veritas NetBackup7.7」のバックアップデータを格納するストレージ容量を拡張できる。

また、複数サーバにデータを自動的に複製保護し、ノード障害時にも継続運用ができるため障害発生時の作業時間を短縮できる。

さらに、フルバックアップでも差分バックアップと同程度のバックアップ時間、バックアップ容量による運用ができ、ファイルサーバやVMware仮想マシンの増加に対しても容易に対応できる。

「Veritas NetBackup7.7」は、エンタープライズクラスバックアップソリューションの最新版で、最大規模において最速の俊敏性を求められる企業環境をサポートするための新機能が追加されており、パフォーマンスも強化されているという。「NetBackup7.7」では、データセンター向けにVMware vSphere 6およびMicrosoft Hyper-Vとの統合が強化されるとともに、Amazon Web Services、Google Nearlineなどを活用するハイブリッドクラウド環境がサポートされているとしている。

(山本明日美)