クリーミーなアボカドがたっぷり入り、存在感がある。ピリ辛のホットチリソースにベストマッチ!「アボカドチリバーガー」(450円)

写真拡大

モスバーガーは5月24日(火)から7月中旬まで、アボカドに特製のホットチリソースを合わせた「アボカドチリバーガー」(450円)と、「アボカドチリドッグ」(390円)を販売する。

【写真を見る】ホットチリソースには、チリパウダーやコリアンダーなど8種類のスパイスを使用

2016年夏、モスバーガーが送り出す新作は、栄養価の高さから“森のバター”とも言われるアボカドと、暑い季節にぴったりのピリ辛ソースが主役。「アボカドチリバーガー」は、パティやグリーンリーフ、トマトと共に、厚めにスライスしたアボカドをサンドしている。こだわりのホットチリソースは、牛ミンチ肉やタマネギ、角切りにしたトマトをベースに、レッドキドニー豆やひよこ豆を煮込んだメキシカンな味わいが魅力だ。8種類のスパイスが本格的な辛さをプラスする。

発売に先駆けて記者が試食したところ、最初はパティの旨味とアボカドのクリーミーな味わいが広がり、後からソースの辛味がジワジワと追いかけてきた。アボカドとチリソースの相性は、想像通り抜群!激辛というほどでもなく、モスバーガーらしいバランスのとれたバーガーだが、食べ続けていると次第に辛さが蓄積されてくる印象だ。広報担当者は、「ソースのみで食べると後を引く辛さですが、アボカドと合わせることでマイルドに仕上げています」と説明する。

「アボカドチリドッグ」は豚肉の粗挽きソーセージを用いた一品。基本的な味付けは「アボカドチリバーガー」と同じだが、従来のホットドッグと比べソーセージが25%増量されていることもあり、ジューシーで食べごたえのあるおいしさが際立つ。なお、レギュラー商品のホットドッグ3種類についても、5月24日(火)までに順次、25%増量される。

「アボカドチリバーガー」と「アボカドチリドッグ」の派生商品は、合計で14種類を用意。好みに合わせて選べる種類の多さがうれしい。スライスチーズをトッピングした「アボカドチリチーズバーガー」(480円)や、ハラペーニョを加えさらに辛さをアップした「スパイシーアボカドチリバーガー」(480円)、ソイパティを使用してヘルシーに仕上げた「ソイパティ アボカドチリバーガー」(450円)などが展開される。

■ 2016年夏のデザートはマンゴー尽くし!

夏ならではの期間限定スイーツも見逃せない。5月24日(火)から9月中旬までの期間、マンゴーを使った3種類の新商品がお目見え!「やさしい豆乳スイーツ マンゴーロールケーキ」(380円)と「玄米フレークシェイク マンゴー」(レギュラー350円、プチ260円)に加え、ドリンクでは「アイスマンゴーティー」(350円)が登場する。

なかでも注目なのは、小麦粉、乳、卵、白砂糖を使用しない「やさしい豆乳スイーツ」の新作となるロールケーキ。米粉やアーモンドプードル、豆乳などを用いて焼き上げたスポンジ生地の上に、マンゴーソースと、濃厚な豆乳やマンゴーピューレを混ぜ合わせたホイップクリームをあしらった一品だ。健康志向のスイーツでありながらも、それを感じさせない満足感の高い味わいで、マンゴー特有の華やかな甘さもしっかりと楽しめる。

健康面とクオリティの高いおいしさ、その両方を兼ね備えたモスバーガーならではの新商品。ジメジメした気候が続くこれからの季節に、うってつけのラインアップだ。【東京ウォーカー】