写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Windows 10の標準環境では、検索ボックスやCortanaから検索を実行すると、MicrosoftのBingが使われる。しかし、GoogleやYahoo! JAPANに変更したいというニーズもあるだろう。今回はその方法を紹介する。

※2016年5月10日追記
Windows 10に仕様変更があり、CortanaによるWeb検索がMicrosoft Edge + Bingに固定された。この影響で、本記事のTipsは有効に機能しなくなった。

○Google Chromeで変更する

第4回で標準Webブラウザーの変更方法は紹介したが、当時のGoogle ChromeはWindows 10に完全対応していなかったため、今回はアップデートも兼ねて、検索エンジンの変更方法を紹介しよう。

Windows 10の既定では検索ボックスから使用する検索エンジンは変更できない。そのため、他のWebブラウザーを既定のWebブラウザーとして設定し、使用する検索エンジンを選択する。

Google Chromeバージョン50.0.2661から、検索ボックスで使用するエンジンの変更を実験的な機能としてサポートした。この機能を使うことで既定のWebブラウザーおよび検索エンジンの変更が可能だ。

上図の説明でURLに入力する文字列を打ち間違えてしまう場合は、「chrome://flags/」と入力して「Enter」キーを押し、項目一覧から「Windowsデスクトップ検索のリダイレクト」を探し出せばよい。

○Mozilla Firefoxで変更する

Mozilla Firefoxは前述のように第4回で説明済みのため、検索エンジンの変更方法のみ紹介しよう。

残念ながら、既定のWebブラウザーをMicrosoft Edgeから変更しないで、検索ボックスで使用する検索エンジンを変更する方法は、今のところ見つかっていない。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)