「PowerShot SX620 HS」(左)と「IXY650」

写真拡大

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として「PowerShotSX620 HS」と「IXY650」の2機種を2016年5月下旬に発売する。共に有効画素数約2020万画素の高感度CMOSセンサーを採用し、PowerShotは光学25倍の、IXYは同12倍のズームレンズを備え、映像エンジン「DIGIC 4+(プラス)」との組み合わせにより高精細で美しい写真が撮影できる。初めてカメラを手にするエントリーユーザーにも対応しているという。

「PowerShot SX620 HS」は、幅約96.9mm、高さ約56.9mm、奥行き約27.9mm、質量約182gの小型・軽量ボディーながら、広角25mmから望遠625mm相当(35mmフィルム換算)までの幅広い撮影領域に対応。15年2月発売の「PowerShot SX610 HS」に比べ、ズーム倍率が18倍から 25倍へと向上した。ホワイト、ブラック、レッドの3色。価格はオープン。

「IXY650」は、質量約147g、奥行き約 22.8mmのスタイリッシュボディーに、広角25mmから望遠300mm相当(同)まで対応。さらに、デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」により、光学ズーム倍率の約2倍にあたる約24倍までのデジタルズーム領域でも高い解像感を維持している。ブラックとシルバーの2色。価格はオープン。