日産にとっては思いもしなかった三菱自動車の燃費不正問題。デイズ、デイズ ルークスという売れ筋モデルが販売停止となり、2016年4月の軽自動車販売が67%減という状況はかなりの痛手のはず。

1当該車種は販売再開までは時間がかかりそうですし、当面は登録車を売るほかないという状況にしても、販売のテコ入れ効果が望める新車やマイナーチェンジはすぐに用意できるわけではありません。

5月11日から販売を開始したノートの特別仕様車「Vセレクション+Safety供廚蓮安全性を向上させる「踏み間違い衝突防止アシスト」をはじめ、「アラウンドビューモニター」や「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」、「ヒーター付ドアミラー」、「LED ヘッドランプ」を標準装備とした特別仕様車らしい装備が充実したモデル。

特定のグレードのみに設定されているのではなく、すべての仕様から選択できるのも特徴。

なお「X DIG-S Vセレクション+Safety2」および「MEDALIST Vセレクション+Safety2」の2WD は、「平成32 年度燃費基準+20%」と「平成17 年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、自動車取得税・自動車重量税ともに「免税」になります。

「X Vセレクション+Safety2」と「MEDALIST X Vセレクション+Safety2」の2WD は、「平成32年度燃費基準」と「平成17 年基準排出ガス75%低減レベル」を達成し、自動車取得税が60%、自動車重量税が50%それぞれ減税されます。

さらに、オーテックジャパンからも今回の特別仕様車をベースとした「ライフケアビークル(LV)」も設定。ノート「Vセレクション+Safety2」の価格帯は、147万9600円〜200万7720円です。

(塚田勝弘)

軽自動車販売減をカバーできるか!? 日産ノートに特別仕様車を設定(http://clicccar.com/2016/05/12/371602/)