中央気象局提供

写真拡大

(台北 12日 中央社)12日午前11時17分頃、台湾東部海域を震源とする地震が発生した。宜蘭県南澳で震度6、台北市でも震度3を観測した。(震度は台湾基準)

地震の規模を示すマグニチュードは5.8。震源の深さは17.5キロ。宜蘭県羅東などで震度5、宜蘭県宜蘭市、新北市、花蓮県和平、桃園市などで震度4、基隆市、新竹市などでも震度3を観測した。

台北市中山区では縦揺れの後、円を描くような横揺れが数十秒続いた。台湾では今月から地震の発生を一般市民に知らせる早期警報システムの運用が始まっており、携帯電話が「国家級警報」を受信した。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)