11日、米国のオバマ大統領が被爆地・広島を訪問することについて、韓国外交部は「“核兵器のない世界”を通じて平和と安全を追求するというオバマ大統領の信念に基づくものと理解している」と明らかにした。写真は広島の原爆ドーム。

写真拡大

2016年5月11日、韓国・ヘラルド経済によると、米国のオバマ大統領が被爆地・広島を訪問することについて、韓国外交部は「“核兵器のない世界”を通じて平和と安全を追求するというオバマ大統領の信念に基づくものと理解している」と明らかにした。

外交部当局者は11日、記者団に対し、「オバマ大統領の広島訪問について、米韓両国は緊密に意思疎通してきた」と明らかにし、「米国は第2次世界大戦で原爆を使用したことについての立場に変わりはないと強調し、未来に重点を置いた前向きなビジョンを示すためだと明らかにしている」と説明した。

これについて、韓国のネットユーザーからは韓国政府に対する批判的なコメントが多く寄せられた。

「本当は“寝耳に水”だったのでは?」
「韓国政府が何のために存在しているのか分からない。韓国がオバマ大統領に『広島を訪問するな』と言うのは現実的に難しいだろう。でも、少なくとも安倍首相に対し、『朝鮮半島で犯した罪をひざまずいて謝罪せよ』と言うべきではないか?」

「韓国外交部は日本の外交部なの?オバマ大統領が広島を訪問することは日本に免罪符を与えるのと同じこと。韓国政府は反発するべき」
「韓国政府は日本に対して後ろめたいことでもあるの?なぜそんなに弱気なの?」

「緊密に意思疎通してきたのではなく、隠密に知らせを受け、『訪問に反対するな』と言われたのだろう。日米が親戚のような関係になったら、米韓は主人と家畜のような関係になる。大切にかわいがるが、親戚が望めばいつでも安値で売り払えるということ」
「どうせ韓国政府には日米の交流を阻止する資格も理由もない」

「また米国に片思いし、自分で自分をなぐさめるの?」
「オバマ大統領は日本まで来るのに、韓国に寄らないの?もしかして朴大統領は避けられている?」(翻訳・編集/堂本)