写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントは、海外企業のインターネット広告プロモーション支援強化を目的に、アメリカ、ベトナム、台湾、北京、シンガポール、韓国の6つの地域に拠点を構え、本格的に海外での営業開始すると発表した。

同社は米国子会社を拠点にインバウンド向けプロモーションに関する営業活動を行ってきたほか、一昨年には運用型広告およびアドテクノロジー領域の強化を目的にベトナムに子会社を設置。また昨年秋には台湾オフィスを設置している。今回新たに北京・シンガポール・韓国にオフィスを設置し、海外計6拠点で営業活動を行う。また、今後、ヨーロッパ圏においても拠点設置に向け準備を進めているという。

これらの海外拠点では、海外企業の日本市場進出および、国内企業の海外進出におけるインターネット広告代理事業を行う。同社では今回の拠点開設により、海外企業が日本市場へ進出する際および、国内企業が海外進出を行う際のインバウンド・アウトバウンドの双方におけるプロモーション支援の強化を図る。

(丸山篤)