ワンコの気持ちが色で分かる! 愛犬とコミュニケーションができるデバイス「イヌパシー」誕生

写真拡大

色と光でワンコの気持ちを伝える、コミュニケーションデバイス「イヌパシー(INUPATHY)」。これまでは想像することしかできなかったワンコの気持ちの変化をリアルタイムで知ることができる、画期的なデバイスです。

愛犬との絆をより深めてくれそうな「イヌパシー」の魅力をたっぷり、お届けしちゃいますよ〜っ♪

【ワンコの気持ちが「色」で分かる!】

LEDランプの付いたベルト状の「イヌパシー」は、ワンコの胴体に装着して使います。ワンコがドキドキ興奮しているときには「赤」、リラックスしているときには「青」、幸せ気分のときには「レインボー」、集中しているときには「光が点滅」という4つの感情パターンからワンコの気持ちが分かるんです!

どういう仕組みかというと、ベルト部分に内蔵されている心拍センサーに検出された信号(心拍データ)が、LEDランプの色と光り方に反映されるというものだそうですよ。

【健康やメンタル管理もできちゃう】

イヌパシーはワンコの心拍数を記録、心拍データや感情データはイヌパシークラウドに蓄積されています。スマホと連携させれば、愛犬の健康状態や気持ちの管理もできちゃうのです! 愛犬の気持ちに寄り添ったお世話ができそうですね。

【ワンコの気分に合った遊び方を提案する「プレイモード」】

宝探しやフリスビーなど、さまざまな遊びに興味を示してくれるワンコたち。スマホと連動したイヌパシーの「プレイモード」をオンにすれば、愛犬が今まさに遊びたい! と思っている遊び方を提案してくれるんですって。提案される遊びは、犬の専門家が監修しているそうですよ。

【飼い主も納得! 開発のきっかけ】

飼い主に対して「Insight(洞察力)」と「Empathy(共感力)」を提供するイヌパシー。考案者の山口譲二さんは、多くの愛犬家と同じく「飼い犬の気持ちが知りたい」と思ったことが開発のきっかけだそう。

ベルト部がグレー、ピンク、ブルーの3色から選べるイヌパシーは、ひとつ169ドル(約17,980円)、4〜40kgまでのワンコに対応。クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で予約受付中です。

今よりもっと絆を深めたい、ワンコの気持ちを知りたい! という飼い主の願いを叶えてくれそうな発明品。これはちょっと欲しいかも〜!

参照元:INUPATHY、INDIEGOGO
執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る