スズキ・バレーノはインドで生産され、国内で販売されます。

「海外生産」ときくと、日産マーチや三菱ミラージュのようにクオリティの面でどうなの? という心配が浮かびますが、インドで生産されているからといって安っぽいとか、走りがダメとか、そんなことはありません。

今の時代、どういったクルマを作るのかという点が大切で、自動車メーカーが生産する以上、生産国がどこか? というのは論点にはなりません。

1

ちなみに、スズキ・バレーノのボディに使われている超ハイテンだけは現地調達が難しいそうで、日本から輸出されています。

外観を眺めると、フロントマスクからはどことなくアジアカー的な雰囲気が漂っていますが、クーペやハッチバック的に見えるサイド、リヤビューはなかなかスポーティ。

1.2L仕様の「XG」は、ウレタンステアリングになるなど、やや質感の面では物足りないですが、上級グレードとなる1.0Lターボのインテリアのクオリティはまずまずで、日産マーチや三菱ミラージュなどよりも車格が上であることを感じさせてくれます。

装備も充実していて、ミリ波レーダー式の衝突被害軽減システムの「レーダーブレーキサポート2」を標準装備するほか、約40〜100km/hで作動するACC(アダプティブクルーズコントロール)も標準装備となっています。

居住性や積載性も4人家族でも不満のないレベルで、3ナンバーになるワイドな全幅(全長3395×全幅1745×全高1470mm)を活かして、前後席ともに横方向のゆとり感は日本のコンパクトカーとしては高い方でしょう。

荷室スペースも320Lという容量が確保されていて、Bセグメントとしてはトップクラスといえる広さ。

 

それでいて最小回転半径は4.9mと、全幅を考えるとまずまず納得できる範囲に収まっています。なおライバル車の最小回転半径は、マーチが4.5m、ミラージュは4.6mです。

試乗記は別記事でご紹介しますが、スズキ・イグニスと比べると乗り心地もやや洗練されている印象で、1.0Lターボも1.2L NAも街乗り中心なら動力性能に不満を抱くことは少ないでしょう。

気になるのは、好みの分かれそうなフロントマスクや正面から見るとセダンに見える造形であるのと、欧州市場を意識してか1.0L直噴ターボがハイオク仕様となる点。

このクラスで日本車がハイオク仕様となると、販売の最前線でどう説明され、評価されるのか少し気になります。

価格は141万4800円〜161万7840円という設定で、1.0Lターボの「XT」には、本革シート表皮や助手席シートヒーターなどがセットになるオプションも11万160円で設定されています。

(文/塚田勝弘・写真/小林和久)

インドで生産されるスズキ・バレーノ。その長所と短所とは?(http://clicccar.com/2016/05/12/371314/)