自撮りしようとして…ポルトガルで126年前に建造された国王の銅像破壊

ざっくり言うと

  • ポルトガルの首都リスボンで、126年前に建造された国王の銅像が破壊された
  • 男が自撮りをしようと銅像に上ろうとしたため、銅像が倒れて粉々になった
  • 現場から逃げようとした男は、警察に取り押さえられたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング