日本はメイク術が、韓国は整形術が発展しているという話をよく見聞きする。その形式は違うが、女性が美容にこだわるという点では一致している。一方、中国で発展しているとされるのは、写真を加工して美しく見せる技術。どうして中国人女性はリアルな世界での「化粧」に対して興味が薄いのか。中国メディア・雲浮時刻網が8日に伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本はメイク術が、韓国は整形術が発展しているという話をよく見聞きする。その形式は違うが、女性が美容にこだわるという点では一致している。一方、中国で発展しているとされるのは、写真を加工して美しく見せる技術。どうして中国人女性はリアルな世界での「化粧」に対して興味が薄いのか。中国メディア・雲浮時刻網が8日に伝えた。

 記事は、アジアの4大美容術として「タイの性転換、韓国の整形、日本のメイク、中国の画像加工」を挙げたうえで、「どうして中国人は日本人や韓国人のように化粧を好まないのか」とする、ネットユーザーの疑問を紹介。これに対する別のユーザーから寄せられた回答の内容を伝えている。

 まず1人目は「中国人は化粧が嫌い、という訳ではない。単に愛する美容の方法が異なるだけなのだ」とし、「おめかし」の方法は社会のルールによって影響するものであるとの見解を披露。中国人は古来から自然美が最も美しいと認識しているゆえ、中国の女性は薄化粧を好むとしている。濃い化粧は不快であり浮ついたイメージを抱き、整形手術については「たちまち近所の噂話になる」と解説した。

 2人目は「化粧は大量の時間と金銭、そして絶えず学びトレーニングすることが必要とされる」と説明したうえで、日本と韓国には「女性が化粧をしないで外に出れば、無教養、社会に不適合、生活能力が低いと見なされる」社会的風潮があると解説。一方中国にはそのような社会的ルールがなく、化粧において女性が感じるプレッシャーが少ないばかりか、逆に化粧に精力を注ぎこめば「不真面目、向上心がない。なにか良からぬ仕事をしているのでは」などと見なされる可能性があると説明した。

 なかなか興味深い分析だ。経済が発展した時期が遅かったため、美容にこだわる余裕がこれまでなかったという見方もできるかもしれない。記事は「こういった状況は徐々に変化しつつある。各種美容産業が若い世代の間で発展しだしているのだ」と伝えている。「PS」(中国で画像加工の意味で用いられる)ではない、リアルな美容へのこだわりが高まる中で、中国では今後どのようなスタイルの美容が主流になっていくのだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)