最近“ファイトケミカル”という言葉をよく聞きませんか? タンパク質、脂質、炭水化物が「三大栄養素」、それにビタミン、ミネラルを加えたものが「五大栄養素」、食物繊維が第6の栄養素、そして、ファイトケミカルは第7の栄養素と言われています。ここでは、知っておきたいファイトケミカルの基礎知識をご紹介します。

“ファイトケミカル”ってどんなもの?

「ファイト」はギリシャ語で植物を表し、「ケミカル」は化学物質です。つまりファイトケミカルとは、植物から発見された化学物質のことです。野菜やフルーツ、海藻類、お茶などの植物性食品には、独特の色や香り、アクなどがあります。従来はこれらには栄養はないと思われていました。しかし、これらの成分は植物が過酷な環境で自分を守るために必要な物質であり、研究によって、人間にとっても健康や美しさを維持するために役立つことが分かってきたのです。

“ファイトケミカル”は人にどう働く?

ファイトケミカルが注目されているのは、抗酸化作用が高いことです。代表的なファイトケミカルと言えばポリフェノールですが、赤ワインに多く含まれるポリフェノールが、女性の若々しさを保つ働きがあることはよく知られていますよね。ファイトケミカルには活性酸素を取り去る働きがあるので、普段の食事から上手に取り入れることで、お肌のシミやシワを防ぐだけでなく、生活習慣病を防ぎ健康を保つことができるのです。

代表的な“ファイトケミカル”をご紹介!

ファイトケミカルと呼ばれるものには1万種類以上もあると言われています。その中でも代表的なファイトケミカルとその働きをご紹介します。

【ポリフェノール】

アントシアニン(目の健康を守る)、イソフラボン(女性ホルモンと似た働きをする)、カテキン(殺菌作用、コレステロールを下げる)

【カロテノイド】

ルテイン(目の健康を守る)、リコピン、βカロテン、アスタキサンチン(抗酸化作用)

【イオウ化合物】

硫化アリル(血液をサラサラにする)、スルフォラファン(美白、肝機能改善)

“ファイトケミカル”の上手な取り入れ方

ファイトケミカルは、野菜やフルーツ、海藻類などに多く含まれます。例えばアントシアニンがブルーベリーの紫色のもとであるように、いろいろな植物などの色や香りから発見されたのがファイトケミカルです。ファイトケミカルを上手に摂るには、カラフルな野菜をいろいろ食べた方が、何種類ものファイトケミカルが摂れておススメです。中には熱に弱いものもあるので、生で食べられるものは生で食べるといいでしょう。


writer:岩田かほり