11日、中国の習近平国家主席が昨年訪英した際、習国家主席の警備担当者の態度が失礼だったと報じられたことに関して、中国外交部の陸慷報道官は定例記者会見で質問に答えた。

写真拡大

2016年5月11日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が昨年訪英した際、習国家主席の警備担当者の態度が失礼だったと報じられたことに関して、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は定例記者会見で質問に答えた。

AP通信によると、英国のエリザベス女王は10日、ロンドンのバッキンガム宮殿で催された園遊会で、昨年の中国の習主席一行の警備を監督した警察幹部を紹介された際、中国の一行が英国の大使に対して「とても失礼だった」と発言した。この発言は、英国メディアが撮影した映像に録音されていた。

これに関して中国側の見方を質問された陸報道官は、「昨年10月の訪英は非常に成功した。中英両国はこの成功のために努力を惜しまなかった」と述べた。

さらに、今回の発言の中英関係への影響について聞かれた陸報道官は、「先ほどもお伝えしたが、昨年10月の訪英は非常に成功した。これに関しては中英両国で認識が一致している。昨年訪英の際、中英両国は中英関係の『黄金時代』の新たな段階を共につくり上げるために1歩踏み出した」と中英両国は関係が良好だと発言した。(翻訳・編集/内山)