セコムが前田修司会長を解任 「社内の風通しが悪くなっていた」と説明

ざっくり言うと

  • セコムは11日、事実上のトップだった前田修司会長の解任を可決した
  • 新社長となる中山泰男氏は、理由を「社内の風通しが悪くなっていた」と説明
  • 中山氏は数か月前から、前田氏に経営の一線から退くよう促していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング