米国のCO2排出量、10年前と比べて12パーセント減少

写真拡大

米国の2015年の二酸化炭素排出量は、10年前の2005年と比べて12パーセントの減少だった。経済は、インフレを加味しても2005年から約15パーセント成長している。

「米国のCO2排出量、10年前と比べて12パーセント減少」の写真・リンク付きの記事はこちら

2015年の米国では、二酸化炭素(CO2)排出量がわずかに減少し、経済が成長する一方で排出量は比較的横ばいという状況が継続した。

そもそも、排出量は2005年比で12パーセント減少している。米国エネルギー情報局(EIA)は、これは石炭から天然ガスへの転換によるところが大きいと指摘している。

経済危機を迎えた2008〜09年、米国のCO2排出量は、主に経済活動の停滞により大きく減少した。10年、経済がもち直し始めると排出量も上昇した。しかし、その後は比較的小さな増減を繰り返しており、15年は前年比で約2パーセントの減少だった。

2015年の排出量が、経済危機の絶頂だった09年を下回っている点は特筆すべき数字だ。というのも、経済は10年以降、一貫して約2パーセント成長している。このことから、少なくともここしばらく、米国が経済成長を炭素排出量から切り離してきたことが明白なのだ。米国経済は、インフレを加味しても05年から約15パーセント成長している。

EIAは、この10年間の排出量減少のうち70パーセントは、電力業界における燃料使用の変化によるものだとしている。破砕法(フラッキング)によって使えるようになった安価な天然ガスによって、かなりの量の石炭が使われなくなり、その結果、石炭の生産が米国では20パーセント以上減少した(そしていくつもの石炭企業が倒産した)。

その他の要因としては、エネルギー利用の効率化と、冬の気候が比較的穏やかで暖房に使われるエネルギーが減少したことがある。

風力とソーラーは、急速に増加しているものの、元々の数字がかなり小さい。

※以下は、JCCCAによる日本の排出量の推移。

chart04_01_img01