グウェン・ステファニー、ギャヴィン・ロスデイルとの離婚成立

写真拡大

グウェン・ステファニーとギャヴィン・ロスデイルの離婚が成立した。

配偶者手当は双方とも受け取らない

13年の結婚生活の末、昨年の夏に破局を発表していた2人は、婚前契約書を作成していなかったものの財産分与に関して友好的な合意に至ったようで、キングストン君(9)、ズマ君(7)、アポロ君(2)の3人の息子については共同親権を持つことで同意したという。E!ニュースによれば、配偶者手当は双方とも受け取らないことになるようだ。

グウェンはノー・ダウトおよびソロ活動の権利を、ギャヴィンはブッシュの作品の権利をそれぞれ維持することになるほか、一家が暮らしていたビバリーヒルズの自宅の売却から得る収益は平等に振り分け、ロサンゼルスにある2件の物件はグウェンが所有するという。

また離婚合意書類には、キングストン君とズマ君の名で開設されている信託の管理者としての権利をギャヴィンが全て放棄し、グウェンが単独の管理者および財産譲渡者になることも記載されているようだ。

Written&Photo by bangshowbiz