女性の方が「ちゃんと寝ている」──睡眠についての7つの調査結果

写真拡大

スマートフォンのアプリで世界中の人々の睡眠パターンを調べた結果、睡眠の質が最も悪いのは中年男性で、国別では日本とシンガポールの睡眠時間が最も短かったことなどがわかった。

「女性の方が「ちゃんと寝ている」──睡眠についての7つの調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ミシガン大学のチームは、スマートフォンのアプリケーションでデータを収集し、世界各国の6,000人近くの睡眠パターンを調べた。年齢や性別、国の違いが睡眠に及ぼす影響を理解するためだ。

『Science Advances』誌に掲載された研究論文によると、データの収集に使われたのは「Entrain」という無料アプリケーションで、利用者が研究プログラムへの参加を受け入れれば、睡眠に関するデータが研究チームに送信されることになっていた。

Entrainアプリは、もともとは時差ぼけの影響を低減させるためにミシガン大学の研究チームが開発したもので、フライトスケジュールを入力すると、「最適な照明スケジュール」を提案して、異なる時間帯への適応を手助けしてくれる。

以下、この調査でわかったことを紹介する。

    女性の睡眠時間の平均は、男性より30分長いことがわかった。女性の方が就寝時間が早く、起床時間が遅かった。中年の男性は、ほかの年代・性別に比べて、睡眠の質が悪い傾向が見られた。若い人の睡眠パターンはさまざまで幅広いが、高齢になるほど個人差は減る。睡眠時間が最も短い国はシンガポールと日本で、平均7時間24分だった。睡眠時間が最も長い国はオランダで、8時間12分だった(冒頭のグラフ)。国別の睡眠時間については、起床時間より、就寝時間のほうが影響が大きかった。就寝時間のころに眠りを促す生物学的な感覚は、「社会的な理由によって弱まっている、または無視されている」ことがわかった。つまり、就寝時間が後ろにずれ、「睡眠時間が削られている」ということだ。「屋外の光を浴びている」人は、主に屋内で過ごす人と比べて「就寝時間が早く、睡眠時間が長い」ことも判明した。

なお、オックスフォード大学のチームによる最近の研究では、英国の人々は「一晩に少なくとも1時間の睡眠」が不足していることが判明している。これは心身の健康問題につながる恐れがある。

2014年には、睡眠前に「光を発する画面」を見ると、睡眠と関係するメラトニンの分泌量に影響があり、中断を伴う、質の悪い睡眠の原因になり得るという研究結果も発表されている(日本語版記事)。