11日、山東省臨沂市河東区で驚きの光景が人々の視線を集めた。

写真拡大

2016年5月11日、光明網によると、山東省臨沂市河東区で驚きの光景が人々の視線を集めた。

【その他の写真】

記事によると、同区の路上である男性が白いBMWの後部に、泥のついたネギを並べて販売していた。男性は孫(スン)さんといい、両親が田舎で自宅用にネギを栽培していたが、母親が病気で倒れてからは父親一人では食べきれなかった。近所の人にも配ったものの、それでも余ってしまったため、ブライダル業を営む孫さんが自分のBMWにネギを乗せて売りに来たのだという。金もうけが目的ではないため、ネギは500グラムたったの1.5元(約25円)。100キロのネギは30分で完売した。(翻訳・編集/北田)