「ウルヴァリン」第3弾はR指定、暴力シーン多いとプロデューサー明かす。

写真拡大

「ウルヴァリン」第3弾は、西部劇色のある暴力シーンが多めのR指定作品になるようだ。

20世紀フォックスが贈る、ヒュー・ジャックマンがマーベル・コミックのスーパーヒーローを務める同作品が、2009年作「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」や2013年作「ウルヴァリン:SAMURAI」よりも過激な作品になることを、フォックスのプロデューサーであるサイモン・キンバーグが明かしている。

「X-MEN:アポカリプス」のプロモーション活動を行っているキンバーグは、インタビューの中で「過激で大胆、そしてみなさんがどんな映画の中でも見たことのないウルヴァリンが登場します」「報道の通り、未来が舞台の作品で、R指定の作品になります。バイオレントで西部劇のような要素もありますね。とてもクールで今までにない作品です」と語っている。

脚本家や俳優などマルチに活動するステファン・マーチャントも同作品に出演することが決定しているものの、役どころについてはベールに包まれたままだ。