Bean to Bar Chocolateの製造工程を試食できるチョコスタンドがオープン

写真拡大 (全4枚)

「大人になってよかった」そう感じさせるおやつといえば、本格チョコの味が楽しめる、上質なBean to Bar Chocolate。
専門店も続々オープンするなか、なんとチョコレートの製造工程を試食できるという、驚きの店舗が登場します。
味の変化も楽しめる製造工程の試食

それは「直接現地を視察してカカオ豆を買い付ける」という「Minimal」の新店舗、「Minimal 銀座Bean to Bar Stand(ビーントゥバースタンド)」。
カカオ豆からチョコレートになるまでのすべての工程を手作業で作るというBean to Bar Chocolateですが、その深い味わいの秘訣は豆だけでなく、製造工程にも隠されている気がしてなりませんでした。
だからこそ目の前で工程を見てみたい。そんな好奇心にこたえ、店内ではカカオ豆からチョコレートまでの製造工程が試食できるようになっているのだとか。

試食用に提供してくれるのは、「1.焙煎したてのカカオ豆」「2.1を砕いたカカオニブ」「3.2をすりつぶしてペースト状にしたもの」「4.3を冷やして成形したチョコレートの完成形」の4工程(種)。
ということは、カカオ豆からチョコレートになるまでの味の変化も楽しめるのですね。
気軽に立ち寄れるチョコレートスタンド
また「Minimal 銀座Bean to Bar Stand」ではこだわりの本格チョコレートを、ふらっと立ち寄りテイクアウトできる「チョコレートスタンド」という新スタイルを取り入れています。
しかも店内中央の大きなカウンターテーブルで、世界各国のカカオ豆を試食しながら自分好みのチョコレートが選べるのです。
販売される商品は、世界3大陸15か国以上から買い付けるカカオ豆を使ったタブレット型のビーントゥバーチョコ(板チョコ)やカカオ菓子、チョコアイス、カカオドリンク、贈答用ギフトセットなど。

さらにはスーパーフードとして話題の美容食、カカオ豆をローストした「カカオニブ」もあります。
食べ比べも楽しく、舌も喜び、好奇心をも満たしてくれる「Minimal」の新店舗。2016年6月1日(水)のオープン日が今から楽しみでなりません。

Minimal 銀座Bean to Bar Stand (ミニマル ギンザ ビーントゥバースタンド)
開業日:2016年6月1日(水)
営業時間:11:00〜19:00
住所:東京都中央区銀座3-8-13 光生ビル1F
交通:各線「銀座駅」から徒歩3分、「東銀座駅」から徒歩4分
定休日:月曜定休(祝日の場合は翌平日)
電話:03-6264-4776 6月1日(水)開通予定※公開前の問い合わせは富ヶ谷店(03-6322-9998)まで

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。