日本を訪れる中国人が増加するなか、やはり実際に訪れてみて初めて知る日本の姿というものがあるようだ。中国メディアの西江網はこのほど、「日本を訪れて初めて知ることになる怪現象」と題する記事を掲載している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人が増加するなか、やはり実際に訪れてみて初めて知る日本の姿というものがあるようだ。中国メディアの西江網はこのほど、「日本を訪れて初めて知ることになる怪現象」と題する記事を掲載している。

 2015年は温水洗浄便座の爆買いが大きな注目を集めたが、「日本を訪れて初めて知ることになる怪現象」の1つ目として温水洗浄便座を挙げている。温水洗浄便座は日本特有のものではなく、日本以外の国にも当然存在するが、日本が他国と違うのは「ホテルから公衆トイレにいたるまで、紙が無料で提供されている」点だと指摘。日本のトイレは温水洗浄便座の洗浄機能と相まって「まるでVIP待遇のようだ」と伝えている。

 さらに、日本は生活するうえで非常に利便性の高い国だと伝え、自動販売機やスーパーがいたるところにあるとしながらも、そんな日本でも「ゴミ箱」を捜すのは非常に苦労すると指摘。街中でゴミ箱を見つけることはほぼ不可能だと伝え、ゴミ箱を見つけてもビンや缶、可燃性かどうかで分別しなければならないのは「中国人にとっては頭の痛いところ」と論じた。

 また記事は、「日本を訪れて初めて知ることになる怪現象」の3つ目として、日本人は所有物を盗まれることを警戒していないと主張し、喫茶店などでは荷物を放置したまま席を離れる日本人が多いとしてき。いくら日本の治安が良くても、盗まれて損をするのは自分であるため、荷物は常に携帯したほうが良いのではないかと主張した。

 そのほか、日本では果物の価格が非常に高いと伝え、これも怪現象の1つだとしている。確かに中国では驚くほど果物が安く、スイカ1玉が100-200円ほどで販売されていたり、ミカンを大きなスーパー袋にいっぱいに入れて100円程度で販売されているケースもある。流通経路が違れば中国でも価格は違ってくるが、これだけの価格で果物を大量に購入できる中国から日本を訪れれば、日本の果物の価格が高いと感じるのも無理はないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)