アルミ製メインフレームにカーボン製コクピット、ミッドシップに2リッターエンジンを搭載する、いかにもイギリスらしいライトウエイトスポーツカーがまもなく日本上陸します。

ケータハムの前社長・アンサーアリ氏が開発したという、未来的なブリティッシュスポーツカー「ZENOS E10」が、そのモデルです。

1

アルミ製フレームが支えるサスペンションは、プッシュロッド式インボードタイプのダブルウィッシュボーン。妥協なく走りを追求したフットワークでは、やはりイギリスの伝統的なブランドである「エイボン」に依頼したタイヤを履いています。

横置きミッドシップされるエンジンはフォード製を使っているのもブリティッシュスポーツカーらしいところ。もちろん、日本上陸時には国内の排ガス規制をクリアしたものとなります。

発売予定は2016年6月。2016年の予約販売予定は12台ということです。

●ゼノスE10
全長:3800mm
全幅:1870mm
全高:1130mm
ホイールベース:2300mm
車両重量:700kg
乗車定員:2名
エンジン形式:4気筒ガソリン直噴
総排気量:1999cc
最高出力:200bhp/6800rpm
最大トルク:210Nm/6100rpm
変速装置:5速MT
タイヤサイズ:前195/50R16 後225/45R17
メーカー希望小売価格:648万円〜

動画を見るにはこちら

(山本晋也)

【関連リンク】

ゼノスカーズジャパン
http://www.zenoscars.jp/index.html

英国生まれのライトウエイトスポーツ「ZENOS」が上陸間近!(http://clicccar.com/2016/05/12/371126/)