春は出会いの季節。そして、自分を取りまく環境が大きく変わる季節でもあります。このような“初めて”続きの毎日で悩ましいのが、緊張時にジワリとにじんでくる汗。デスクで仕事をしているときはもちろん、会議中や会食時……、「汗をかいた」と感じたことがある方は多いでしょう。汗をかいた後はきまって、「私のニオイ、大丈夫かな?」と不安になりますよね。

そこで今回は、美容ライターの筆者がおすすめする“汗のニオイ”の不安を軽減させるデオドラント商品を、3種ご紹介していきたいと思います。

■1:『ドクターデオドラント ミョウバンせっけんEX/スプレーEX』

ミョウバンがニオイ対策に使われてきた歴史は古く、古代ローマ時代にまでさかのぼります。その理由は、ミョウバンが持つ“水に溶けると酸性になる”という特徴と関係アリ。ミョウバンを皮膚に吹きかけると、皮膚表面が“酸性”となって臭いの元となる、雑菌の繁殖を抑えるというわけ。雑菌の繁殖を抑えられれば、汗が分解されて、臭いが発生することを予防できるのです。

他にも汗臭さには、アンモニアの成分が関わっているのですが、アンモニアは“アルカリ性”のニオイ成分であるため、ミョウバン水の酸性と中和して、汗臭さを抑える効果も認められているのだそう。

そんなミョウバンに着目したのが、体臭の専門医と共同開発したニオイ対策専門ブランド『ドクターデオドラント』。『ミョウバンせっけんEX』で、脇・足・局部などのニオイとニオイの原因菌をサッパリと洗い流し、お風呂上がりに『ミョウバンスプレーEX』を使用すれば、ニオイの原因から抑えるWの働きで、翌日までしっかり消臭効果が続きます。今までのデオドラントのように、ベタベタしたり白く色が付いたりすることもなく、周りの人からは、ニオイケアしているのも気付かれない自然な使用感で、強力な消臭が続くのが特徴です。

■2:ニベア花王『8×4 ワキ汗EX クリームカプセル』

緊張時や暑い日のワキ汗対策におすすめなのが同商品。制汗成分ACH(クロルヒドロキシアルミニウム)や殺菌成分BGA(β-グリチルレチン酸)配合のクリームを指に取り、脇に塗るだけと使用方法も簡単。汗で落ちにくい高密着処方により、ワキ汗をおさえてくれます。

クリームはカプセルに入っており、両脇で1カプセルと使い切りタイプなのも衛生上おすすめポイント。ワキ汗をニオわせたくない日、にじませたくない日に試してみては?

■3:花王『ビオレ美肌ケアできる汗ふきシート』

放置した汗が垢や皮脂と混じると、雑菌が増殖して嫌なニオイを発するようになります。そこで役に立つのが、汗ふきシートです。ただハンカチで拭くだけではオフしきれない汗も、専用商品を使えばスッキリ。

中村アンさんのCMでおなじみの同商品は、汗のベタつき・ニオイをサッとふき取りながら、保湿ケアもしくは角質ケアができてしまう一石二鳥のアイテムです。

バッグの中に忍ばせておいて損はないでしょう。

以上、美容ライターおすすめのデオドラント商品をお伝えしました。春が過ぎれば本格的な汗のシーズンが到来します。さまざまなデオドラント商品を試して、「これだ!」というものを見つけ出しておくのも良いですよね。

【関連記事】

想像を絶する激臭!潰したらアウト…「恐怖のデキモノ」アテロームとは