浮かれないU-23代表FW富樫、手倉森J初得点も「ビギナーズラックで片付けられないように」

写真拡大

[5.11 MS&AD杯2016 U-23日本代表 3-0 ガーナ代表 ベアスタ]

「一番大事なのはゴール。そこにこだわりたい」。FWとして、アピールするためにはゴールが絶対に必要。そして、U-23日本代表FW富樫敬真(横浜FM)は有言実行となるゴールを陥れた。

 手倉森ジャパン2度目の選出ながらも、FW浅野拓磨(広島)との2トップで先発出場を果たした富樫は最前線で存在感を発揮する。「身体能力が高いと思っていたが、いざ背負ってみると思ったよりもできた」と振り返るように、ガーナDFを背負ってもボールをしっかりとキープし、攻撃の基準点になろうと奮闘。

 なぜ、思った以上にできたのか――。「マリノスのDF陣がいかにレベルが高いかということ。世界を相手に戦ってきた人たちがCBにいるので、その人たちの方が強いと思ったし、普段の練習が生きていたと思う」。DF中澤佑二やDF栗原勇蔵らと行う日々の練習の中で、確かな成長を遂げていたことを実感する。

 そして、前半30分には待望の瞬間が訪れた。ゴール前でルーズボールを拾った浅野からフリーでパスを呼び込むと、GKやDFに距離を詰められながらも、シュートコースを見つけて鮮やかなループでネットを揺らす。「トラップがでかくなりましたが、GKも食い付いてきたのが見えた。冷静になれた部分があったので決められて良かった」と手倉森ジャパン初ゴールを素直に喜んだ。

 初得点を記録するだけでなく、90分間ピッチに立ち続けて攻守に働いて勝利に貢献。しかし、メンバーに生き残りのためには、ここで立ち止まるわけにはいかない。「ビギナーズラックで片付けられないように、これをコンスタントに続けていくのが大事」と、次回与えられるチャンスでも、ゴールという結果にこだわる姿勢を貫くことを誓った。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集