10日、中国広東省深セン市にこのほど、「最もエコ意識の高い」道が現れた。

写真拡大

2016年5月10日、中国広東省深セン市にこのほど、「最もエコ意識の高い」道が現れた。チャイナフォトプレスが伝えた。

【その他の写真】

200メートルほど続く道の両側に設置されたごみ箱の数はなんと150個。隣接する工場が設置したもので、ほぼベンチ1つにごみ箱1個の割合で置かれている。

工場の担当者によると「ごみをポイ捨てしない」という習慣を市民に身につけてほしいとの思いから始めたという。だが市民からは「無駄遣いだ」との声も聞かれている。(翻訳・編集/柳川)