左から大友啓史監督、栗山千明、岡田将生、松坂桃李、大森南朋

写真拡大

生田斗真主演で、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がメガホンをとる『秘密 THE TOP SECRET』。この映画の完成報告会見が5月11日に東京国際フォーラムで行われ、生田をはじめ、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、大森南朋、大友監督が登壇した。

吉川晃司が28人殺しの凶悪犯役で主演の生田斗真と因縁対決!/『秘密 THE TOP SECRET』

本作は、清水玲子の同名人気マンガを実写映画化。被害者の脳の記憶を映像化する「MRIスキャナー」を駆使して脳内捜査を行う警察庁の特別機関「第九」が、迷宮入りした事件を解決していくミステリー・エンターテインメント作品だ。

「第九」室長の薪剛役を演じた生田は「問題提起をしながらも、しっかりとエンターテインメント作品として仕上がっている素晴らしい作品です」と挨拶。新人捜査官、青木一行役の岡田は「僕にとって大きなチャレンジになった作品。いろいろな方に見ていただきたい」と話した。

捜査官の鈴木克洋役に扮した松坂は「ここまで攻めた作品は中々ないです」と本作の妥協のなさを語り、監察医の三好雪子役の栗山は、自分が出た作品を見て初めて泣いたと振り返ると、「ハラハラドキドキしながらも最後に優しい気持ちになれる作品です」と本作の魅力を語った。

刑事の眞鍋駿介役を演じた大森は「好青年とキレイなお姉さんが出ている中、乱暴な中年刑事演じました」と笑いを誘い、大友監督は「テーマが深く、衝撃的な内容ながらも、ジェットコースターのようなエンターテインメント作品です」と胸を張った。

また、司会者からの演じた役柄や撮影に関する質問に、生田は撮影中は辛さもあったことを明かしつつも、岡田と松坂が現在出演中の連ドラ『ゆとりですがなにか』に引っかけ、「岡田君や松坂君といった勢いのあるゆとり世代の俳優さんと仕事ができて楽しかった」とコメント。

マスコミからの「大友監督の撮影現場は、ほかの現場と比べてどう違うか?」という質問には「セット全ての場所で撮影ができるような環境になっていて、それが俳優として嬉しくもあり、恐くもありました」と話し、「共演者の誰の脳内を覗いてみたいか?」と聞かれると「男性陣の頭を覗いても面白くないので、栗山さんの脳内を覗いてみたいです(笑)」と答え、会場の笑いを誘った。

最後に大友監督が「魂を込めて作り上げました。話題になる衝撃的な作品ですので1人でも多くの人に見ていただきたいです」と挨拶。生田は「日本映画のレベルをひとつ上げる作品になるのでは」と完成作をアピールしていた。

『秘密 THE TOP SECRET』は8月6日より全国公開となる。

【関連記事】
嵐・相葉雅紀、生田斗真との17年ぶり共演に「青春時代を一緒に過ごした仲」と感慨深げ!
『るろ剣』大友啓史監督が脳の秘密に挑む! 人気マンガ「秘密 THE TOP SECRET」を実写映画化
松坂桃李、椎名桔平らが『るろ剣』大友監督の新作『秘密 THE TOP SECRET』追加キャストに!
『るろ剣』大友監督が新作『秘密 THE TOP SECRET』で重要な役に抜てきした織田梨沙の魅力とは?