長野県で弟と祖母を殺害 「心神喪失」として逆転無罪に

ざっくり言うと

  • 長野県松本市で2014年、弟と祖母を殺害したとされる被告
  • 東京高裁は11日、懲役8年とした1審判決を破棄して無罪を言い渡した
  • 裁判長は「被告は犯行時、心神喪失だった合理的な疑いがある」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング