戦場で1週間履き続けても、臭わないブリーフ

写真拡大

デンマークのOrganic Basicsは、戦場で1週間履き続けても防臭効果を維持するというブリーフを開発した。Tシャツと靴下もKickstarterで資金集めに成功している。

「戦場で1週間履き続けても、臭わないブリーフ」の写真・リンク付きの記事はこちら

J・R・R・トールキンの物語に登場する英雄たちが、ミスリル製(中つ国の貴重な金属)の鎧の下に装着する下着を探しに出かけたとしたら、デンマークのアパレルメーカーOrganic Basicsの新製品のようなものを求めたかもしれない。

Organic Basicsは、臭いの原因となる細菌が股間と臀部で繁殖するのを防ぐ、「銀メッキされた」コットン製のブリーフを開発したのだ。

この下着は軽量なうえ非常に強力な抗菌性を備えており、戦場で1週間履き続けても、防臭効果を維持するという。

銀に抗菌作用があることは以前から知られている。銀から放出されるイオンは、細菌の細胞壁を通過し、DNAや重要な細胞成分を攻撃するのだ。衣類メーカー各社はすでに、病院用ガウンや競技ウェアなどに銀のナノ粒子を採用している。

Organic Basicsは防臭下着として、ポリエステル繊維に銀コーティングを化学的に結合させることにより、オーガニックコットン製のボクサーブリーフを開発した。このブリーフは、臀部領域に繁殖する細菌の99.9パーセントを死滅させることができるという。

このブリーフは、抗菌力だけでなく、銀がもつ熱伝導率により、体温調節機能も備えているという。

Organic BasicsはKickstarterで、このボクサーブリーフのほか、Tシャツと靴下を商品化するための資金を調達中だ(目標25万クローネ=約417万円のところ、目標日まで22日という段階で32万クローネ=約534万円を達成している。なお、Organic Basicsは2014年のKickstarter成功で創設。最初の製品を出している)。

ただし、銀は不潔な細菌を殺すのには効果的だが、おならに対する防御作用はない。腸から放たれる有毒ガスは、揮発性の硫黄化合物やアンモニアなどの臭い物質を含んでおり、金属のバリアで阻止することはできないのだ。

この種の悪臭対策を求めるなら、不快な匂いを除去する効果のある活性炭レイヤーが搭載された下着がいいだろう。

0cba38912f98326d3a1ca4a46919a6a9_original