写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は11日、独自に開発した高圧水電解システム「Power Creator」を採用したパッケージ型「スマート水素ステーション(SHS)」をHonda青山本社ビルに都内の商業地域として初めて設置し、同日から稼働を開始したと発表した。SHSでの水素製造に必要な電力をまかなうべく、新たに太陽光発電システムを導入し、燃料電池自動車(FCV)のCO2フリーでの走行を可能にした。

SHSは、圧縮機を使用せずに製造圧力40MPaの水素を24時間で最大1.5kg製造することができ、製造した水素は約19kg貯蔵することか可能。主要機器を7平方メートル程度に収まるサイズでユニット化することにより、工場出荷後から短期間で設置でき、小規模な水素ステーションとして活用できる。

今回設置されたSHSは、同社が保有するFCVへの水素充填に活用され、将来的には地産地消の水素として幅広い活用を検討していくとのこと。同社としては、今回の青山本社ビルへの設置が2015年12月の和光本社ビルに続く2カ所目となる。自治体では、環境省補助事業において徳島県、宮城県、埼玉県ですでにSHSが稼働しており、熊本県や神戸市においても稼働に向けた準備が進められている。

(木下健児)