By MoneyBlogNewz

Facebookの一部の英語環境で提供されているトレンドは、Facebookで人気が急上昇しているトピックやハッシュタグを集める機能です。トピックのチョイスは人気のあるものから純粋に選ばれているものと考えられるわけですが、その実情についてFacebookの元契約社員を名乗る匿名の人物が明かしたところによると、その選択が意図的なものであり、保守寄りな内容のニュースを排除していると発言したことから波紋を呼んでいます。

CNN.co.jp : フェイスブックで保守系ニュース排除か、元社員の証言が波紋 - (1/2)

http://www.cnn.co.jp/tech/35082313.html

Facebookの「トレンド」は、一部の国でのみ英語で利用できる機能で、その時に注目を浴びているニュースを以下のようにひとまとめにして、ページ右上に表示するようになっています。



この一件は米GIZMODOに掲載された記事から広く知られるようになったもの。2016年5月3日と同5月9日に掲載された以下の2本の記事で、トピックの選び方の実情と、スタッフが置かれている現状を報じています。

Want to Know What Facebook Really Thinks of Journalists? Here's What Happened When It Hired Some.

http://gizmodo.com/want-to-know-what-facebook-really-thinks-of-journalists-1773916117

Former Facebook Workers: We Routinely Suppressed Conservative News

http://gizmodo.com/former-facebook-workers-we-routinely-suppressed-conser-1775461006?rev=1462799465508

記事によると、匿名を条件に実情を語った元スタッフは複数名が存在しているとのこと。自らを匿名とする理由については、守秘義務の存在を挙げており、全員が正規雇用ではなく契約社員として業務にあたっていたとのことです。

その人物が語ったところでは、Facebookのトピックはまずアルゴリズムによってその時ごとに注目を集めているものがピックアップされるようになっているとのこと。その次の段階として、Facebookスタッフによる確認が行われるのですが、ここでスタッフによる意図的なフィルタリングが行われたと語っています。

Facebookではトレンドに関わるチームは「ニュース・キュレーター」と呼ばれ、コンピューターのアルゴリズムが集めてきたトピックを精査する業務を行うとのこと。その理由は、トピックの内容に明らかな間違いや誤記がないかを確認するためだったようですが、「Breitbart」や「Washington Examiner」、「Newsmax」などの保守系のメディアの記事をベースにする内容だった場合はそのままトピックとして採用せず、同じ内容について「New York Times」や「BBC」、「CNN」といった大手メディアが書いていることが確認できた場合のみ採用するという、ある種の意図的な操作が行われていたと記事の中では明らかにされています。

また、元スタッフは、Facebookの正規社員と比べて劣る勤務条件や仕事の内容についても語っているようで、その実情についてニュース・キュレーターとしての業務というよりも、Facebookのアルゴリズムを改良するための「トレーニング・モジュール」としての役目が与えられているように感じていたと語っているとのこと。

この報道に対し、Facebookのトム・ストッキー氏は調査の上、「そのような事実はない」と反論しています。Stocky氏は、2015年にFacebookで最も交わされたコメントは大統領選挙に関するものであったことを明らかにし、保守・リベラルの両方面での議論が行われたことを述べています。

My team is responsible for Trending Topics, and I want to address today’s reports alleging that Facebook contractors...Tom Stockyさんの投稿 2016年5月9日

しかし、この件を看過できないとする動きもあるようで、保守系の共和党上院議員ジョン・スーン氏は、自身のサイトでFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏に対する公開質問状を掲載しています。

Thune Seeks Answers from Facebook on Political Manipulation Allegations - Press Releases - U.S. Senate Committee On Commerce, Science, & Transportation

http://www.commerce.senate.gov/public/index.cfm/pressreleases?ID=2BA05D9F-EAAD-4043-B195-B8D91FF690B4

その中でスーン氏は「Facebook内でのトレンド機能に関する組織について、その選定プロセス、そして責任者について」「ニュース・キュレーターによる操作が存在していたのか」などについて、5月24日までに回答するように求めています。



なお、トレンド機能についてはFacebookの日本語サイトでも以下のように記載があります。

Facebookではどのようにトピックのトレンドを決めていますか。 | Facebookヘルプセンター

https://www.facebook.com/help/737806312958641

トレンドには、最近Facebookで人気のあるトピックが表示されます。このリストは、あなたが「いいね!」したページ、居住地、Facebook全体でトレンドになっているものなど多くの要素に基づいて、あなたに合った記事を表示するようパーソナライズされています。

冒頭にも挙げたCNNの記事によると、アメリカの保守層の間では以前から、FacebookやTwitterなどのIT企業はリベラル系に偏っているとの批判が根強くあったとのこと。また、CNN Moneyが取材した元従業員も、トレンド欄の作業には個人的偏見が入る余地があると語っているとのことです。

CNN.co.jp : フェイスブックで保守系ニュース排除か、元社員の証言が波紋 - (2/2)

CNNMoneyが取材したフェイスブックの元従業員3人も、トレンド欄の作業には個人的偏見が入り込むこともあると証言した。ただし、保守に対する組織的な偏見を目の当たりにしたことはないといい、1人は「政治的意見に関係なく、ユーザーが話題にしていることを客観的に表現しなければならないというのが会社からの指示だった」と話している。

仮に何らかの意図的な操作が行われていたことが事実だった場合、そのこと自体は法に触れるようなものではありませんが、Facebookが表明していた「ニュートラルな立場」とは相いれないものということになりそう。証言を行った元スタッフは「これはまったく『トレンド』と言えるものではありません。『オピニオン』(意見・見解)です」と批判しています。