(写真右から)女優の高畑充希さんと俳優の綾野剛さん

写真拡大

NTTドコモは2016年5月11日、東京都内で今夏の新製品・新サービス発表会を開催した。発表されたモデルは、スマートフォンが5機種、タブレットが1機種、データ通信製品が1機種。5月19日発売の「Galaxy S7 edge SC-02H」を皮切りに、7月下旬までに順次販売される。

発表会に招かれたのは、同社のイメージキャラクターを務める俳優の綾野剛さんと女優の高畑充希さん。2人は今回のラインナップから選んだお気に入りの機種をそれぞれ1つ持って登場した。

カメラ機能で競い合う、GalaxyとXperia

スマホマニアで知られる綾野さんがチョイスしたのは「Galaxy S7 edge SC-02H」だ。いったいどんなところに惹かれたのかというと――

「見ての通り非常に(ボディが)薄いです。(ディスプレイが)5.5インチにもかかわらず、こんなに手にフィットする。ドコモの中で一番(バッテリーの)容量があり、しかも高速CPU。かつ、世界初の一眼レフ(カメラ技術)を搭載しています」

テレビCMで2人は特ダネを追う新聞記者を演じている。綾野さんは芝居で役に入り込むことで知られており、今回のステージでも新聞記者顔負けの知識を披露した。司会者が「次から次へと色んな新情報が出てきますね〜」と感心するほど、理解は深かった。

Galaxy S7 edgeのバッテリー容量は3600mAh。これは2016年夏モデルのスマホの中で目立って高い。ディスプレイには有機ELを採用し、内蔵メモリ(RAM)は4GBもある。アウトカメラの画素数は約1220万だが、F値は暗いシーンでの撮影に力をはっきりする「1.7」となっている。ピント合わせも早くて、これ1台あればコンデジはもういらないかもしれない。

一方の高畑さんは「私はそんなにたくさん説明できなくて(笑)」と謙そんしつつ、「Xperia X Performance SO-04H」を挙げた。

「カメラの機能がものすごく速いらしいので。実家の犬とか、いま着ている服をパシャっと撮りたいなと思います」

同機種のカメラの画素数は、アウトが約2300万でインが1320万。起動から撮影まで約0.6秒しかかからず、一瞬のシャッターチャンスを逃さずに撮影できる。さらにソニーの一眼レフカメラのα(アルファ)のオートフォーカス技術を応用し、タッチした被写体の動作を予測してピントを合わせる「先読みオートフォーカス」を搭載している。

続いてステージ上では、2016年夏モデルから搭載される新機能「スグ電」の実演も行われた。これは(1)電話を振って、(2)耳に当てる――つまり2ステップで、登録した番号に電話がかけられるというもの。電話を切るときも、画面を裏返して台などに置くだけでよい。実際に試した綾野さんは「いやー衝撃ですね、新しい感覚。すごいとしかいいようがない」と称賛した。

綾野さんと高畑さんには選ばれなかったものの、他の端末も魅力的な性能をそれぞれ備える。詳しくは公式サイトまで。

【スマートフォン】
・Galaxy S7 edge SC-02H
・Xperia X Performance SO-04H
・AQUOS ZETA SH-04H
・arrows SV F-03H
・Disney Mobile on docomo DM-02H
【タブレット】
・arrows Tab F-04H
【データ通信製品】
・Wi-Fi STATION HW-01H