全国で最もストレスが少なく過ごせている「鳥取女子」のヒミツとは(提供:鳥取県 元気作り総本部 広報課)

写真拡大

「鳥取県」といえば、真っ先に思い浮かぶのは砂丘、二十世紀梨、そして「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な水木しげるさんだろうか。だが鳥取の魅力は、これだけではない。

「鳥取県の女性は47都道府県の中でストレスが最も少ない」という調査結果を、メディプラス研究所(東京都渋谷区)が2016年4月4日に発表した。「鳥取女子」がおおらかに過ごせる理由は、どこにあるのか。

「親子関係」「肌の状態」などで「イライラしていない」

調査では全国の20〜69歳の女性約7万人を対象に、ストレスの感じ方をチェックする54の項目を設け、都道府県ごとにストレスの高さを割り出した。全国で最もストレスが少なかったのが鳥取県の女性だったが、具体的には全国平均と比べて「親子関係」「肌の状態」などで「イライラしていない」ことも分かった。

ストレスが少ない背景には何があるのか。鳥取県元気づくり総本部広報課はJ-CASTヘルスケアの取材に対し、「育児面が大きな要因ではないかと思います」と答えた。

「県では『子育て王国鳥取県』という取り組みを2010年から続けています。保育料を助成しており、人口の少ない地域では無償化している自治体もあります。子どもの医療費負担も軽減しています」

海も山も楽しめる豊かな自然を活用した教育にも積極的だ。NPO法人「智頭(ちづ)町 森のようちえん まるたんぼう」などが運営する、自然の中で子どもが自由に遊ぶことを重視した県内各地の「森のようちえん」に助成金を出している。この団体は全国各地にあるが、杉山や棚田の景観を気に入り、鳥取の森のようちえんを選んで移住してきた家族もあるという。

県は毎月19日を「育児の日」と定め、父母ともに早めに帰宅して家事・育児に参加したり、家族でだんらんしたりするよう促している。「テレビCMや広報もうっており、企業にも認知されてきています」(広報課)といい、県を挙げての取り組みが浸透しつつあるようだ。

厚生労働省によると、2013年4月当初の鳥取県内の保育所待機児童数はゼロ人。また総務省の2013年11月の発表によると、共働き率は育児中の女性の有業率は71.8%で全国4位の高さだ。

渋滞少ない、ランチタイムも待たない

子育て以外にも要因がありそうだ。人口は2016年4月現在で全国最少、人口密度も10番目に小さい。そのため、「例えば道路の渋滞が少ない、ランチで飲食店に並ぶ時間が短い、といったこともストレスを緩和しているのではないかと思います」(広報課)という。

総務省統計局の2013年調査によると、平均通勤時間は18.2分と全国で2番目に短い。関東大都市圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)は44.9分で2.5倍ほど長いことと比較すると、その短さが際立つ。大都市圏の朝の満員電車を思うと、通勤で感じる心身の疲労は小さいはずだ。

広報課は「もちろんストレスがまったく無いわけではありません。しかし、自然環境や6年以上続けている県の取り組みが、結果として女性のストレスを少なくし、住みやすい県にしているのかもしれません」と分析した。

なお、県が他都府県民を対象に2013年に行った「鳥取県へのイメージ調査」では、「田舎」「のんびり」「地味」が上位を占めていた。だが、単に県民性がのんびりしているのではなく、日常でイライラする場面が少ないうえ、生活面での行政の取り組みが「鳥取女子」をストレスから解放してくれているようだ。