「戦国時代展」が東京・京都・山形で開催 - 100年以上続いた時代の、武将や文化人達の夢に迫る

写真拡大

展覧会「戦国時代展」が、江戸東京博物館で2016年11月23日(水・祝)から2017年1月29日(日)まで開催される。なお順次、京都文化博物館、米沢市上杉博物館も巡回する。

[ この記事の画像をもっと見る ]

本展では、戦国時代に列島の各地で作られた歴史資料や美術工芸品を一堂に展示する。享徳の乱、応仁・文明の乱から始まり足利義昭の追放まで1世紀に及ぶ長い期間を網羅して紹介。

毛利元就が奇襲した厳島合戦の《芸州厳島御一戦之図》、上杉謙信が武田信玄と戦った川中島の合戦の《米沢本 川中島合戦図屏風》、肖像画《織田信長像》など、列島各地で台頭した個性際立つ武将達にまつわる歴史資料が並び、当時の様子が現実感を持って伝わってくる。

そんな武将達を魅了した《国宝 上杉本 洛中洛外図屏風》(京都会場で展示)や、《重要文化財 四季花鳥図屏風》など美術工芸品もなども展示。激動の時代をたくましく生きた武将、文化人達の「夢」に迫るのも見どころ。

また、国宝である「上杉家文書」の特別展示も。上杉家に代々伝えられる古文書群で、武家文書としては初の国宝指定を受けたものだ。歴史ファン必見の展覧会、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

【開催概要】
戦国時代展 -A Century of Dreams-
■東京会場
期間:2016年11月23日(水・祝)〜2017年1月29日(日)
場所:東京都江戸東京博物館
住所:東京都墨田区横網1-4-1
開館時間:9:30〜17:30 ※土曜は19:30まで。入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日、2016年12月26日(月)〜1月1日(日) ※1月2日、9日、16日は開館。
観覧料:一般 1,350円(1,140円/1,080円)、大学・専門学校生 1,080円(870円/860円)、小・中・高校生・65歳以上 680円(470円/540円)
※()内は前売(8月上旬販売予定)/20名以上の団体料金。未就学児、身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者と付添者2名までは無料。
TEL:03-3626-9974(代表)
■京都会場
期間:2017年2月25日(土)〜4月16日(日)
場所:京都府京都文化博物館 4F・3F特別展示室
住所:京都府京都市中京区三条高倉
開館時間:10:00〜18:00 ※金曜は19:30まで。入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日、3月21日(火) ※3月20日は開館。
観覧料:一般 1,300(1,100)円、大高生 900(700)円、小中学生 500(300)円
※()内は前売、20名以上の団体料金。未就学児・障がい者手帳持参者と付添者1名は無料。
TEL:075-222-0888(代表)
■山形会場
期間:2017年4月29日(土・祝)〜6月18日(日)
場所:米沢市上杉博物館
住所:山形県米沢市丸の内1-2-1
開館時間:9:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで。
休館日:5月24日(水)
予定観覧料:一般 620(490)円、高校・大学生 400(320)円、小・中学生 250(200)円
※()内は20名以上の団体料金。
TEL:0238-26-8001(代表)