手持ちのブラジャーで“セクシー胸”を作るコツ2つ。谷間の作りすぎは下品!
【下着コンシェルジュ・山田奈央子さんインタビューvol.1】

 女をウン十年やってきたからこそ、分からなくなることってありますよね。そのなかでも、他人に相談しづらいのが30代の下着問題。下着の付け方次第で、男性に“セクシー”と思わせるか、“下品”と思われるかが問われてくる年代でもあるのです。

 そこで、株式会社シルキースタイル代表で下着コンシェルジュの山田奈央子さんに、30代女性のブラジャーとの付き合い方について話を聞きました。

◆胸の盛りすぎは下品! 大人の心得とは

「20代、30代の女性は胸にパットを入れて盛りまくって谷間を作ることがアピールにつながると考えている方が多いのですが、男性陣からは“盛りすぎは下品”という声がよくあがります。服を着た状態で盛られすぎても、ブラを外したときのギャップにガッカリする、という人もいますね」

 20代、合コンに誘われれば迷わずガンガンに寄せて勝負に出ていた人は、とんだ勘違いだったんですね……。

「男女ともにナチュラル思考の方が多く、シルクやコットンなど“今あるものを少しだけ美しく見せるためのブラジャー”が、最近のトレンドです」

◆セクシーバストは●●がポイント

 では、山田流“セクシーバストの条件”とは?

「ポイントは“デコルテの張り”と“バストトップの高さ”。バストトップが肩と肘のちょうど真ん中に位置していると、デコルテが張り若々しくてセクシーに見えるんです。

 胸元が大胆にあいているドレスを着る機会が多いハリウッドセレブの写真を見ると、みなさん谷間を作るよりはデコルテをきれいに見せるために、バストトップの位置を高くしていることがわかります。あくまで私の意見ですが、谷間に注力するよりもバストトップを高くするほうが圧倒的にセクシーに見えると思いますよ」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=512031

 補正下着の一種「スリーインワン」を着用することでバストの位置を高くできるのですが、そのほとんどがドレス向きとのこと。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=512184

◆手持ちのブラで美バストを作る方法

 それでは、普段の生活はどうすればいいのでしょうか。

「もちろん、お手持ちのブラジャーでも胸のスタイルアップは可能です。まず、ストラップの位置を短めに設定し、脇肉、下乳までしっかりカップに入れてホックを留めます。それからバストトップが肩と肘のちょうど真ん中にくるようにストラップの長さを調節するだけでも、胸がきれいに見えて若々しい印象になります」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=512161

 また、胸を持ち上げるためにパットを入れてもOK。

「パットを使う際は、洋服を着たときに目立たないくらいのナチュラルパットがオススメです。“盛る”ためではなく、“理想の胸に近づけるため”にパットを使うと考えたほうが、魅力的でセクシーな胸になりますよ」

“盛りすぎ厳禁”という言葉を胸に刻み、セクシーなバストを手に入れます!

【山田奈央子さんプロフィール】
大手下着メーカーで勤務後、世界初の下着コンシェルジュとしてセミナー、雑誌、TVなどでアドバイスを行う。2006年、株式会社シルキースタイルを設立。著書に『下着コンシェルジュ山田奈央子の下着美人は恋美人!〜勝負下着で恋が変わる!?』(電子書籍)『下着の品格―下着で変身!強く美しく!できる女になる!』(カナリア書房)。

<TEXT/谷口京子(清談社)>